喘息~秋の予防・心身健康に~

スポンサーリンク
健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は秋も流行る花粉症や冬を前に乾燥してくる空気、

季節の変わり目の揺らぎに

いち早く対応して喘息や気管支炎をこじらせないための対策と

去年からヨガで喘息を回避してきた私の日常も

一緒にお伝えしていきたいなと思います。

何はともあれ早めの対策

 

当たり前かもですがやはり早めの対策が一番です。

風邪でも何でもおかしいなと思ったら早めに体を休めたり、

薬飲んだり、病院に行ったりと

早急に対策することが一番大切な対策になりますよね。

 

が、その前に予防として

兆候が出る前や兆候が出る前の違和感ってありませんか?

何度か気管支炎になったり喘息が季節ごとにひどくなる時を

体験している人ならば感じると思うんです。

 

例えば、喉の調子が何となくおかしいな…とか、

息がしにくいかも?とか、喉が締め付けられるような感じが来た?とか、

イガイガするなど…

少しの兆候をほっておくと、喘息が顔を出してきて猛威をふるいます。

喘息の方ならつらい経験をしておるので予防や早めの対策は

されていると思いますが、少し良くなってきたときに油断して

”今日くらいは大丈夫”と、マスクや加湿器を怠るとひどくなっちゃったりするから

本当に”油断大敵”です。

 

この違和感を無視しないで、

気のせいだと思わずに、対策をとることで喘息の症状が出る前に

対処出来ますから、身体の声を聞いてとにかく対応してあげてください。

 

対策方法

 

喘息の時の対策と何ら変わらないのですが、

なってからではしんどさが格段に違いますから早めに対策します。

風邪をひいたり、花粉症になるとそれが引き金で喘息がおこり、

ひどくなることはご存知の通りです。

 

そのために風邪や花粉症、乾燥を予防するための早めの対策は

秋が始まる前からも必須なんです。

 

 

マスクをする…もうこれは必須ですよね。風邪から拗らせて喘息再発とかは

よくある話です。

加湿器を付けて寝るのがまだ早いなぁと思うときは、

喉のためにも、マスクをして寝ることをオススメします。

 

私は、冷暖房をつけているときは、必ずマスクをして寝ていますが、

おかげで花粉症で乾燥体質の私でも、違和感ほぼなく今の時期を過ごせていますよ。

マスク

 

加湿器…加湿器は早いかな?とか、夏は暑いから…などと言わずに

冷房を付けるなら加湿器もつけていたほうが喉にはいいです。職場や家族がいて

加湿器がつけにくいときは、やはりマスクが自分の喉の潤いを確実に守って

くれます。

私は、会社で加湿器を付けてその中にアロマをいれて空気を浄化しています。

最近は調子いいのでしてないですが、そろそろ秋の花粉や乾燥、風邪などが

流行ってくる時期を迎えるので、

早めに加湿器かどうし、マスクもしていこうと思います。

 

掃除はこまめに…埃にも敏感になってきますので、部屋の掃除はマスクして

綺麗にしておきましょう。

特に会社はPCがあるのですぐに埃がたまりますから、せめて自分のデスクだけでも

綺麗に掃除することをオススメします。

可能であれば会社全体を掃除するのがベストです。

 

・お風呂に入る…お風呂も湯気でのどを潤すことができますし、

身体の冷えや塩を入れての浄化などにもいいので一年を通して湯舟につかるのは

オススメです。

・アロマ…喉に良い精油(アロマオイル)を焚く。アロマディフューザーを

使って加湿しながら空気を浄化するのは一石二鳥なのでおススメですよ。

 

・ストレスをためない…これは環境もあるかと思いますし、自分の心の状態も

あるので解決方法は一概には言えませんが減らすほうが、喘息だけでなく

全ての病にも言えることだと思います。

 

・十分な睡眠…寝不足だと疲労がたまり、アレルギーや自分の弱い所にしわ寄せが

きますので、疲れたなぁと思うときは早めに寝て身体を回復させるのが一番なのですが

忙しい現代人には難しいかもしれませんね…

いい睡眠をとるためにも、寝る寝具を選んだり、

環境→寝る前のPCやめる。いい香りを焚いておく。なども

工夫するのも一つの対策かもしれません。

 

ヨガをすること

 

そしてヨガを愛するものとして、一番のオススメは

ヨガを少しでもいいから、毎日継続することが喘息や病を体から遠ざける

一番良い方法だと思っています。

 

喘息にもいいヨガポーズ|根拠あります!喉を鍛えるポーズ4選

ヨガが喘息いいということをお話しているので、良かったらこちらも参照ください。

 

上記の記事を書いてからはもう季節は春から秋へ。

秋のこの時期の揺らぎが肌にも喉にも影響あるので、早めの対策と並行して

あれからも毎日ヨガを続けています。

特に呼吸はしっかりと続けているおかげか、症状はでてないです。

 

ただ、先日急に寒くなった時の夜は

マスクをしてなかったので少し喉が締め付けられるような感覚が出てきましたが、

 

すぐにマスクをして寝て、アロマ焚いたりと、ヨガだけに偏らずこだわらずに

できることはやっているので、今のところお薬も使わずに

問題なく過ごせています。

 

会社の去年同じ時期に喘息になった方は、お伝えした対策が面倒だったのか

何も対策をしていないので、すでに苦しそうな咳をしています。(>_<)

 

それを見ていると、対策とヨガを継続することで

私の身体の中身は見えないけれど、確実に変わって生きているのだなぁと

実感することが出来たので、

対策をしていない会社の方は本人の知らないうちに

自然と実験に参加し協力してくれてたことになり。(;^ω^)

そっと感謝しておきます。

 

まとめ

 

今回も喘息の予防や対策の大切さについて

私が続けている状況も含めてお伝えすることが出来ました。

 

一年以上たちますが、毎日ヨガを続けていくうちに

身体だけでなく心も変化が出てきているように感じます。

身体が軽くなり体力がついてくると、それだけで心も前向きになり

前に進みたいと思えるようになりますから。

 

喘息だと生きているうえで大切な呼吸すらままならないことが

本当に苦しく、生きているのが苦痛になりますよね。

 

そこから抜け出すためにも、対策しつつ、ひどいときはまず薬を使いながら

ヨガを毎日少しでいいので続けることが

自分の体を健康に、そして心も軽く明るくなり、前向きに心身が進むようになり、

ひいては人生が素晴らしい日々へと変化していくことでしょう。

 

あなたの心身の健康と幸せを祈っています♡

共に健康でエネルギー溢れる人生を送りましょう♪

健康 小話
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント