喘息にもいい~塩水の活用方法~

スポンサーリンク
塩水 健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は先日から塩と水について実験したり

調べたりしている塩と水について、喘息にもいい塩水の使い方が

ありますのでご紹介したいなと思います。

 

塩水の持つ効果と自然のパワーを頂いて

細胞レベルから元気になりましょう!

 

基本的な塩水の作り方や飲み方もご紹介しますね。

 

私は出来る限りノンケミカルで過ごしたいなと思っているので

(普段どうしても色んな化学物質や添加物とお付き合いする機会が

多いですから)

自分でできる範囲、避けれるものは避けたい。

 

そう思いつつもおやつや甘いものには目がないので(笑)

試行錯誤しつつ、免疫力を上げるといいのでは?と

基本的なことに立ち返り、

今一度、日常に不可欠な塩と水に注目しました。

 

もちろんなるべく添加物や化学物質を

少しづつですが取り込まないようにするのもやっていますよ~

 

塩水の作り方と飲み方

 

まずは水と塩の関係をこちらで見ていただくとわかりやすいと

思いますので見てみてくださいね。

塩と水について

 

そして、今回はその本当の塩と水の使い方編に入っていくわけなんですね。

まずは今日の喘息の前にお伝えしておきたい重要なことを書いておきます。

 

前回の記事で水と塩が体に足りてなくて体の内側から

乾燥して病気になったり老化したりするんだよ~というお話を

しましたが、

その具体的な方法でなおかつシンプルにできる基本的なことを

まずはお伝えします。

海の塩

塩水を摂取するということ

 

塩水をとるということは、身体の中にある体液と同じ濃度の

塩水をとる。ということ。

すなわち体液を補給する効率よい方法なんです。

身体が欲している水分を身体が求める濃度で与えることによって

身体はちゃんと潤ってくれるんですね。

 

塩水の作り方

作り方って言ってもとっても簡単(笑)

塩分濃度0.9%(1リットルの水に塩1グラム)です。

 

塩水の飲み方

 

起床時…コップ2杯

朝食時…コップ1杯

昼食前30分…コップ1杯

昼食時…コップ1杯

夕食前30分コップ1杯

夕食時コップ1杯

就寝前コップ1杯

*コップ一杯は300cc

 

となってますが、ご自身のライフスタイルに合わせて

飲み方はあくまでも目安としてください。

私はいきなりたくさんは飲めないので、少しづつ

一日2リットルを飲むように続け始めています。

 

既に乾燥が少しマシな気がしますが季節柄かもしれないので

まずは1か月続けてみて様子を見たいなと思います。

 

体調不良や、高血圧、心臓疾患、腎臓疾患、

65歳以上の方などはまずは塩の量は1/4から始めるのがいいとのことです。

飲みにくければレモンを絞って飲むのもあり。

初めの頃はお腹が緩くなることがありますが、心配ないんだそうです。

 

私も少し緩くなり回数が増えましたが

調子の悪いときのようなお腹が痛い。というようなことは

ありませんでしたのでひどいようでしたら塩分を少し減らして

様子を見てくださいね。

コップ

あと、重要なことは

就寝前と朝起きた時の塩水は重要

 

これは寝るときに水分が失われるから。

朝起きた時に水分不足だと倦怠感があると書かれていましたが

確かに、私も飲み始めて3日目には、そういや朝のだるさがないなぁと

実感しました。

さわやかな気分。

 

この朝の感じがとてもいいので

続けたいなぁと思えますし、何といっても乾燥している実感が

なくなってくるので実験していて楽しいんです。

 

真水じゃないから逆に飲みやすいのかも。

2リットル飲めちゃいます。

 

特にお腹タポタポにもならないし不思議です。

トイレは近くなりましたがデトックス効果だと思うので

気にせずトイレに足繁く通ってます(笑)

 

塩水蒸気方法で喘息と呼吸器系疾患を

 

お待たせしました。

喘息と呼吸器系疾患にいい方法です。

 

岩塩は昔から呼吸器系疾患の治療にも使われていて

各国に呼吸器系疾患の患者を岩塩採掘場に設けた治療施設に

滞在させて回復する方法が実施されているそうです。

 

そして、この塩水蒸気方法は

特に喘息や呼吸器官に問題を抱えているかたに実践できる方法。

 

塩水の作り方と使用方法

 

・蒸気を吸うので塩分濃度は1%から始めて10%まで高めてもOK.

・お鍋かボウルに1リットルの熱湯を入れます。

・塩を溶かしてから頭にタオルをかぶせて10~20分間蒸気を吸い込みます。

 

*軽く咳き込むことがありますが、咳き込むことで呼吸器官に溜まった

毒素を排出できるそうです。

病状と体の反応を見ながら一日に何回か繰り返しても良いとのこと。

岩塩を使ってくださいね~(*’▽’)

岩塩

オススメは先ほどご紹介した先日の記事に書いた

『ヒマラヤクリスタル岩塩』がオススメです。

↑こちら。

 

ソルトバス

 

ついでにお風呂の入り方も。

ソルトバスは一般的にも有名なのでされている方も多いかと思います。

 

何故ソルトバスがいいのかというと、

浸透圧で体と塩水の間でスポンジのような物質交換が

行われるから。

浸透によって体内のミネラルが補完される一方、

体内の老廃物が排出されるそうなんです。

 

なんて合理的で素晴らしい効果なのでしょう!

湯舟

ソルトバスは海と同じ効果があり、特に皮膚疾患によいし、

様々ながんにもいいという副作用ゼロの入浴法です。

 

ソルトバスの準備

 

ソルトバスは最低でも海水と同じ塩分濃度1%以上の水溶液で

あることが必要です。

つまり100リットルのお湯に岩塩1キロいれるということ。

かなりの量です。そして岩塩は割とお高め(笑)

 

なので、財布の都合上、私はお風呂には海の塩を使っています。

海を見習ってだしいいかな?と。

あらじおというやつです。

結構安くで売っていて1キロ300円もしないくらいでした。

 

一度は試してみたいのでキロ買いで8キロ(まさに塩の大人買い!)してみましたよ。

 

本当は4キロにしたかったのですが

4キロ2パックからしか安くて送料無料で扱ってくれなくて。

使うものだからいっか。と小さい家に塩が山盛り(笑)

 

塩を塩浴といって体に塗って毒素をだすという方法もあるので

それもためそうと思い立ったための大人買いだし。良しとするかな。

 

まとめ

 

こうして改めて見てみると、

塩ってかなり私達になくてなならないものとして

そばに寄り添ってくれているんだなぁと実感。

 

お風呂に入れたり、目を洗ったり、歯磨きしたり、飲んだり、

パックにしたり…もちろんお料理にも。

使い方でバリエーションがこれほど広いなと感じるものもなかなか

ないので色々と試してみたなと思います。

 

また色々と実験したら第2弾で塩の使い方をお伝えしたいなと思ってますので

お付き合い頂ければ幸いです♡

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

健康
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント