やさしいヨガ哲学・ヨガの目的・心の浄化 ~無知を断つ知恵~

スポンサーリンク
ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日はヨガ哲学からお話を。

無知から生まれた疑い。心に根を生やす真実への疑惑を、

智慧の刀で断ち、ヨガに生き、戦うのだ!

バガヴァットギーターから引用。

 

ヨガの目的

 

ヨガの目的は”心の浄化”なんです。

悟り(サマディ)も”心の作用を止滅することがヨーガである”

と書かれているように、

心の波立ちをコントロールできたなら、それはヨーガをしていることになると

いわれています。

人間って感情があるから、いつも穏やかでいたいと思いつつも

イライラしたり、しんどくなったり、腹が立ったり

弱気になったり、悲しくなったり…などしますよね。

 

そういう感情が起こる出来事は真実の智慧を知るために試されていて

無知を断つために体験がやってくるんです。

その体験から真実を感じ、理解して前に進む。

体験からしか人は学べないんです。だから肉体があり感情がある。

 

机上の空論とはよく言ったもので、

じっと座っているだけでは、

逃げているだけでは、

幸せや幸福感や理解や成長はありえないんです。

 

無知という束縛から解放されるためには体験を通して真実を知ることでしか

自由になれないから。

 

生きる目的

 

ヨガ哲学によると、生きる目的を叶える知恵が

『人間とは、自分とは、世界とは何か?』の答えだと。

だから誰もが一度は、

”自分は何者なのか?人は何故生きるのか?なぜこの世はあるのか?”

を問うのだと。

 

誰もが実は心の奥深い所では自分が生きる意味を、目的を知っているのだと。

皆生まれもってぼんやりと生きる目的を知っているのですが、

ヨガをしている人は生きる目的がはっきりしていると言われています。

確かに、生きる目的やどこを目指したらよいか知っている人に迷いはないですもんね。

 

そして真実はとてもシンプルなもの。

心の浄化が出来るのであればヨーガでなくても何でもいいと思います。

 

しかし実行し体験し理解するのは簡単ではありません。

日常の思い、行動、言葉、…

全てが生きる道に繋がっているから。

 

それでも学ぶことをやめずに進んでいけば必ずどこかのタイミングで

大きく理解が入るときが来ます。

 

例えていうなら、

コツコツ貯めてきたポイントが一定の数字になったとたんに

ボーナスとして銀行にまとまったお金が入るかのように。

カップに入れた水が溜まってあふれ出す瞬間のように。

 

貯まるまでは変化が見えなくて、やってることが無意味なように見えることも

あります。でも実際は少しづつですが確実に貯まっていて

一定を超えると、急に理解が深まり心の扉が一つ開いたような、

そんな気持ちになるときが必ず来ます。

 

なので学び始めているなら、諦めないで貯まるまで根気よく続けてください。

必ずあなたの未来に良い結果をもたらしますから。

 

そして無知からくる不安や疑いの心はいったん置いといて

自分を信じるんです。

自由と幸せであるあなた自身を知るための旅を始めませんか?

 

浄化方法

 

浄化方法は、お察しの通りヨーガに生きること。

それはアーサナ(ポーズ)だけをするのではなく、

日常全てが繋がっているから、ヨガ哲学の教えを学んで実践したり、

ヨガでなくとも

シンプルにいい言葉を使うようにしたり、

良いと思うことは実践し、悪いと思うことはやめる。

 

シンプルなんだけど感情や煩悩、欲望が悪い方向に向くと

なかなか実践が続かないんですよね…めっちゃわかります。

 

なのでそのためには人生の方向付けが必要で、自分を知ることがとても大切なんですね。

方向を知るために学び実行し、迷っても間違っても自分を信じて

進むとひとつづつ扉は開いていきますよ。

 

私もまだまだ閉じてる扉があるので、焦らずに諦めずに日々過ごしたいと思います。

今日もご覧いただきありがとうございます。

ヨガ哲学
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント