ヨガの毎日の練習をやめた結果気づいたこと

スポンサーリンク
小話

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は、毎朝結構なシークエンスを続けていたのですが

ふと、『やらなくちゃ』という風になっていることに気づき、

やめてみることにしました。

知らず知らずのうちに日々自分に制限を与えていた!

 

毎朝練習をしていて、初めはとても楽しかったのですが

途中から飽きてきたりして、

内容を変えたりしつつ毎日練習をしていました。

それでも体を動かすことが楽しかったし、スッキリするので

続けていたんですね。

更に続けていると途中から無意識で何年も続けているし、

クラスもあるので続けなくちゃ。と、どこかで思っていたようなんです。

しんどい日も無理して自分で決めた流れをしていたんですよ。

 

しないと気持ち悪くて。

慣れて習慣になっているということもありますが、

不安や恐れからくる行動だったのかもしれないなとも感じます。

 

なので、少しの間やりたいことをやりたいだけしかしない

やりたくないときはしない。と決めてゆっくり起きてみたり、

のんびり朝の時間を過ごすことにしてみたんです。

 

結果、その方がしっかりと一つ一つに取り組めたり、

休みたいときはゆっくりしたり、自分のことを見て優しく付き合うことが

出来るようになりました。

 

自分に日々向き合うことで気づきが格段に増え

自分を大切にすることも随分出来るようになりました。

 

急速に成長した実感があります。

 

これはやっていたからこそ気づくことかもしれませんが、

今は自分の気持ちに忠実に優しく過ごすことを優先しています。

 

緩むことが大切

 

自分の時間を持って、ゆっくりすると心にも余裕が出来て

こうしてブログを書いたり、本を読んだり出来ますし、

何もしない、何も考えない時間があることで、

自分の中に空間ができるのか

色々な気づきという新しいものが入ってくるように感じます。

 

普段から人間ってリラックスするのが苦手だと思うんです。

力抜いて。と言われてすぐに抜ける人ってあまりいないと思うんですが、

(最近は増えてきているかも?)

 

なので一度力を入れてから緩むことで身体はほぐれやすくなりますよね。

伸び

ヨガのアーサナも動いてから最後にシャバーサナするのは

そうした意味があるんですよ♪

動いて疲れたら余計なことを考えることもなく横たわることが出来ますから(*’▽’)

 

思考も同じで、たくさんのことを意識でも無意識でも考え続けていたけれど、

それを手放す時が来れば、楽になりすごい勢いで前に進むんじゃないのかな?

って感じています。

ジャンプするには深くしゃがまないと高くは飛べませんよね♪

 

そうです。今までのことも無駄ではないということです(≧▽≦)

 

結果

 

こうして気づきが増えた結果、

毎日シークエンス頑張らなくてもいい。という答えになりました(笑)

 

ヨガも瞑想をするために体を整える。ということが目的ですから

アーサナをするのが目的ではないということを

改めて思い出し…

 

瞑想は最近やっと好きな瞑想がいくつか出来てきて

好きなものを朝やりたければやりますし、やりたくないときは

やりません。

 

意識が自分に向いて今ここにいることが出来ていたり、

自分を俯瞰して見れているときや思考があまり動いてないときは

瞑想と近い状態だから無理して時間をとることをしなくてもいいという

大好きなヨガの先生の言葉を思い出して。

 

今頃言葉がふっとわいてくるのはタイミングなんでしょうね。

 

終わりに

 

ということで、本日お伝えしたいことは、

自分の気持ちを大切にする。優先する。ということです(≧▽≦)

 

自分に厳しくしないで癒してあげてください。

日々生きてるだけでも大変な日常なんですから。

 

日常に飲み込まれないように、意識は常に今ここ。

少し俯瞰して日常を見てくださいね。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント