ハタヨガ~マントラとエネルギー~

スポンサーリンク
ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

本日はハタヨガのこと、マントラやエネルギーについて

お伝えしたいなと思います。

宇宙と繋がる~背骨と継続の関係~

 

ヨガとは。グルジ(先生)曰く、

人生を超えたことを考えて、宇宙を考えているかどうか?

人生が終わった先のことを考えて行動しているのがヨガ。

わかりやすく言えば自分のことだけ考えないという意味。

 

なのでアーサナだけがヨガではないので

哲学をもって精神を高めたり、人の役に立つことやいい気分でいることも

ヨガを日常でしていることの一つになります。

 

色んな教えにも通じることですよね。言い方や言い回しは違っても

色んな教えに通じるということは本質的なものだと私は感じています。

 

そして、背骨を使うことがヨガだとも。

エネルギーセンターの背骨をしっかりと伸ばしエネルギーの通りがよくなるように

普段から姿勢よくするのを気を付けているのが大切。

レッスンや本番は日常で作られていきますから。

だからこそ毎日の自主lessonは大切。

 

毎日できなかったり、なかなか3日坊主でできないなぁと

思う方もいるかもですが、

なれるまでの日数の目安をお伝えすると、

 

40日…習慣を変えるためには40日かかります。

90日…習慣を確立させるには90日かかります。

120日…あなた自身が新た思惟習慣そのものになります。

1000日…あなたは新しい習慣をマスターしました!

 

という感じで慣れるまでには時間はかかりますが

なれるとそれが日常になるのでやらないほうが違和感出てくるんですね。

 

そこでまず継続させるためにやり始めることが、

先ほどお伝えした背骨をしっかり伸ばすことなんです。

 

背筋伸ばしてエネルギーの流れを良くしておくと、

脳にも良いエネルギーが流れて、まずやってみよう。

そしてとりあえず続けてみよう。といった行動が出来てくるんですよ。

 

流れが良くなることで、脳が味方になりやすいんですね。

物質的な身体も血液やリンパの流れが良くなるので骨や筋肉が正しい位置に

戻ることは、身体にもエネルギーにもとても大切なことなんだということ。

 

完璧を求めず、まずはやってみる。その意識改革の一つが

背骨を意識することなんですね。

ヨガをすること=背骨を動かすこと

 

エネルギーの法則~心の持ち方~

 

私が感じるエネルギーの法則は

 

まずは自分が自分のご機嫌取り、

ご機嫌な自分で周りを明るくし、

周りがそれにつられて明るくなれば、

周りのそのまた周りも明るくなり、

世の中が光に満ちる。

 

それが地球規模での変化であり、明るい未来。

ということになるのではないだろうか?と

ふと、マントラと唱えながらそんなことを感じました。

 

明るい光がエネルギー。

 

そんなことを感じながら瞑想したり、マントラ唱えていると心が

落ち着いてきます。

 

内から外へ。

 

グルジは、

内側(魂)に永久なものを持っている⇒人生の目標。

魂を見ることが出来たら外側(神)も見れる。

内側から整えていくと外側にも影響していく。一つに繋がる感覚も養える。ワンネス。

だからこそ、まずは自分から整えていくのが大切なんだと思います。

 

肉体もそうで、インナーマッスルを鍛えていき、外側までいい筋肉が

ついてきたら、バランスが取れるのと一緒。

 

グルジは、

○○したから幸せなんじゃない。

幸せだから○○している。

 

なので、ヨガしてるから幸せ。ではなく、

幸せだからヨガしている。

 

という常に心の持ち方が大切だと伝えてくれています。

○○が先にくると、何かがないと不幸という考え方になりいつまでも

何かに依存したままで幸せを求めて終わってしまいますから。

 

ヨガの八支則、哲学についてのわかりやすい本がありますので

こちらも読んでみると、更に理解が深まると思いますよ。

 

 

マントラの意味

 

ヨガを始める前にマントラを唱えることで、

場の空気が変わるのと、マントラは祈りなので浄化も出来ます。

ヨガでは必ず初めにマントラを唱えますが、当時日本では色んなことがあり、

入ってきたころに唱えることをやめ、ストレッチ的な感覚としてアーサナだけが

クローズアップされてしまいましたが。。

 

マントラの意味は、

”マン”がマインド、”トラ”が解放という意味があり、

マインドの解放することで宇宙と繋がれる、シンクロ出来ると言われています。

 

宇宙と繋がることで、大きなエネルギーを感じ、宇宙とシンクロすることで

エネルギーを宇宙から頂ける。という考え。

そのエネルギーを受け取るためには背骨を伸ばし、エネルギーの電波の受信を

良くしておくことがとても大事だと。

 

ヨガをするのに、エネルギーを感じないのはもったいない。

ハタヨガ=運動ではなく、エネルギーを得ること。

 

と言われているくらい背骨はとても大切。

是非日常から姿勢よくして宇宙からのエネルギーを頂きたいものですよね。

 

私達は自然から無償で頂いてるものがたくさんあります。

酸素も水も大地も。大地のエネルギーやそこから生まれてくる植物のエネルギーも

感じて頂いています。

それと同じで宇宙というと違和感あるかもしれませんが、自然の恩恵の一つだということ。

 

誰にでも降り注いでいる自然の恩恵をありがたく頂くことは

遠慮しないほうがいいんだと思います。

それをまた自然や人のお役に立つように循環し還元していけばいいのですから。

 

ハタヨガの精神

 

ハタヨガの神はシヴァ神なんです。

 

タントラ*1の中の運動部分がハタヨガで、”タン”が体で”トラ”が解放。

だからハタヨガは身体から始めるんです。

身体を使って悩みから解放される。人間の深い部分には良い悪いはないから。

 

*1タントラとは…男性性のエネルギーと女性性のエネルギーを統合する教えのこと。

ハタヨガの”ハ”は太陽(陽)”タ”は月(陰)を意味しています。

つまりハタヨガは陽(男性性のエネルギー)と陰(女性性のエネルギー)を

統合するということ。

相反するエネルギーを一体にし融合し悟りへと向かわせる教えなんですね。

 

なので、ヨガを毎日することは心身にとてもいいと言われているのです。

 

まとめ

 

今日はハタヨガについてお話しました。

毎日の日常や練習は自分を育ててくれます。

まずは背骨を意識して姿勢よく過ごすことから始めてみませんか?

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント