ヨガからみる呼吸と情報の繋がり

スポンサーリンク
健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

ヨガと呼吸についてと呼吸と情報も繋がっているというお話を。

色んなことが繋がっていきます。

人間の体って本当に素晴らしい。

 

ヨガと呼吸

 

まずはヨガの呼吸から。

ヨガは呼吸をとても大切にしています。

 

ヨガでいうプラーナーヤーマ(調気)は、

ただ吸って吐いているのではなく、

プラーナは身体の内外にある生命エネルギーのことであり、

宇宙エネルギーと同じものだと言われていて、

その生命エネルギーの調節をする意味があるんですね。

 

そして、人間は小宇宙と言われていて、大きな宇宙と呼吸することによりつながる。

姿勢を正し、背骨をアンテナにして深い呼吸で宇宙と繋がります。

 

グルジ(師)も言ってましたが、ヨガをしているのに

呼吸と背骨を意識しないのはもったいない!と。

それほど呼吸することは大切なんです。

 

呼吸する前に姿勢を正すことを気にかけてください。

姿勢をよくするのは背骨で宇宙のエネルギーを頂くことが出来るからです。

その自然の恩恵を受けないのはもったいないんです。

 

腹式呼吸

呼吸法の中でも代表的な呼吸。しかもメリットたくさんあるから

是非試してみてください。

 

呼吸はお腹を膨らませたりへこませたりしていますが、

息を吸ったり吐いたりすることで横隔膜が上がったり下がったりしているんです。

横隔膜はホルモンでいうとハラミ。

それにより肺が膨らんだり縮んだりできるんですよ。

 

呼吸をしっかりすることでハラミがしっかりと育ち、

分厚くしなやかな筋肉に仕上がっていきます。

腹式呼吸の効果

 

深い呼吸をすることで、内側から内臓をマッサージ出来、便秘解消にも。

インナーマッスルも刺激され、

血行も良くなるので代謝があがり、

体温が上がるので冷え性やむくみ解消にもいいですし、

貯まった脂肪やカロリーの燃焼にも一役かってくれます。

 

そして、深い呼吸はリラックス効果も与えてくれます。

 

なんと効果の多い!

丁寧に呼吸することで大きく動けないときでも出来ますよね。

 

腹式呼吸のやり方

 

胡坐で坐るか、ゆったりと楽に座れる座り方でいいです。

長時間座っていても大丈夫。というものであれば。

そして、軽く目を閉じて呼吸に意識を向けます。

鼻から大きく息を吸ってお腹を大きく膨らませ、鼻か口からゆっくりと吐ききります。

 

この時に体に力が入らないように意識してください。

どうしても難しいときは、寝ながら呼吸をしてみると他の筋肉に

余分な力が入りにくいので慣れるまでは寝ながらでもいいですよ。

 

呼吸と情報の繋がり

 

と、ここで情報との繋がりを。

 

情報も呼吸するように、取り入れたり吐き出したりして、活用していきます。

学んだものを誰かに伝えることにより情報は生きてくる。

吸って学んで吐いて伝える。

 

独り占めして伝えないのは、呼吸を吸うことしかしないことをイメージすれば、

どれだけ不利益なのかもわかりますよね。

 

そのために、まずは知らないことを知り、

自分のなかで噛み砕き、理解し、

それを活用して仕事を円滑に運び人様のお役に立っていく。

 

体で言うと、息を吸って酸素が体の中を駆け抜けてから吐く。

 

吐く息は体の中で色んなものと分離し融合し、

最後にまた体から出ていきます。噛み砕き理解した情報を人に伝えるときのように。

言葉なら情報があることがわかりますが、

呼吸も物言わぬだけで、無意識に自分というものを表現してます。

 

しんどければ、呼吸は浅くなり

緊張すれば呼吸は早くなり、

リラックスしていると、深くゆったりとした呼吸に変わります。

 

呼吸一つとってみても自分の無意識の声は出ていたりします。

誰かの呼吸を観察していると、その方の今の心理状況も見えてくるかもしれません。

案外心の声は身体のどこかの部分にでているもの。

 

心身の情報は心の声のサインとして

身体のしぐさや未病、病として出てきたりするんです。

その初めの小さなサインを見つけることで病も防げるかもしれないんですよ。

身体のサイン(情報)をしっかりと見つけてあげることが

自分を大切にする第一歩なんだと思います。

 

例えば呼吸器系に出るサイン

疲れやストレス、イライラ、不平不満が心の奥にたまってくると

呼吸が浅くなってきます。

 

そして脳内でネガティブなことをずっと言い続けて無駄にエネルギーを

消費することで脳に酸素が届きにくくなり、頭がぼーっとして

いくら寝ても疲れが取れにくかったり、ちゃんと脳が休めてなかったり。

本当は浄化しておかなければいけない感情を

解決しないまま抱え続けていると、病という形で目に見えるようになっていくのです。

 

身体からの初期症状としてのサインは、

呼吸器系なので呼吸が浅いことによる、喉の違和感や

後は呼吸が浅いことで血の巡りが悪くなり、血行不良で冷えがきて、

低体温になり、身体のコリや便秘、皮膚の乾燥や痒みなど、

あらゆる流れの悪さからくる症状が出てきます。

 

なので、ヨガの深い呼吸がとてもおすすめなんです。

しっかり呼吸することで、身体からのサインが良いサインになり

大きな病を遠ざけることにも繋がっていくんです。

 

まとめ

 

今回は呼吸と情報の繋がりを見ていきました。

呼吸をしっかりすることで身体の流れが良くなり体調も良くなるように

情報も呼吸するように学び伝えることで、自分の身についていきます。

 

心身の流れをよくして健康でエネルギーあふれる毎日にしてくださいね。

今日もあなたが健康で幸せに過ごせますように。

健康 小話
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント