ヨガ 解剖学の必要性

スポンサーリンク
健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は、ヨガインストラクターとして、

解剖学はやっぱりはずせない!と思って学び直している所なんですが

何故必要かが肌感覚でわかってくると学ぶ気持ちになれます。

苦手意識のある方も多いと思いますので、

必要性についてお伝えしていきたいと思います。

 

解剖学が必要な理由

 

ずばり初めに結論を伝えてしまうと

ヨガは身体を動かすから。

…なんですが、そんなこと言われなくても…ですよね(;^ω^)

 

ポーズと注意事項覚えて気を付けてれば

細かいこと知らなくてもクラスはやれますやんっ。

と、私は思っていたくらい解剖学教室に何度も足を運んで学んでも

苦手意識は消えず、

しかも実は詳しくなくても何とかなるということを

どこかで思っていたし、実際それでも教室は出来ちゃうんですよね。

ただそうすると、生徒さんがけがをする可能性が上がるんです。

しかもわからないように何年もかけて頑張った分だけ

身体に負荷がかかって関節が悪くなっているとかってあるんですよ。

 

私は美容と健康にもいいと思って長年ヨガ教室に通っていましたが

実際の所、調子が悪くなることもありました。

 

なんか張り切ってヨガに来たのに痛いなぁとか、抑えられて筋が違えた!とか。

身体が歪んだまま間違った使い方をしながら続けていると

痛めることも体感として感じていたので、

意味を知ってからはちゃんと学ばないと!と

思うようになり今も学びながら日々ポーズを進化させていってます。

 

だから気をつけないといけなくて、

知らないと生徒さんの健康も自分の健康も守れないんです。

 

インド人の先生曰く、何年もかけて身体を痛めつけて、

あるとき痛みが出て身体を壊してしまうことがあると聞き、

その注意ポイントを学んだので、

気を付けたほうがいいポイントは何回も身体で覚えるまで

生徒さんに伝えるようにしています。

 

基礎の大切さ

 

整体の先生からは、もっとも基礎的なことを学んでいてますが、

怪我をしないために、そして安全に動かすためには、

やはり体というものを理解してなければ守れないんです。

 

それを知って安全に動かしていると、

いた気持ちいい。

というのがわかり、自分の正しい位置がわかるようになってきますし、

体はいい感じでリラックスしながらほぐれていきます。

緊張したままではほぐれるものもほぐれませんよね。

 

特に整体の先生からは、身体の基礎を学び、

実践していきつつ、身体を整え健康に導く方法を学んでいるので

ヨガの内容とは一味違う視点から健康と体の動きを確認することが

できるので、ヨガから離れた先生に教えてもらうのも

面白いなぁと感じています。

身体の土台は足元から。

というのは何度もお伝えしてますが身体の基礎ですから、

家に例えるとわかりやすいですよね。

土の下に埋まっている土台がしっかりしてないと、家はすぐに

傾いてしまいます。

 

それは身体も同じだということ。

足元が整ってないと、全体が歪みやすくなり痛みや病気を引き起こして

しまうんです。

 

そこで骨や筋肉の名前や位置、ほぐし方や整え方、

筋肉の起始停止を知ることで動きの意味が分かるようになり

今何のためにこの動きをしているのかが体感としてわかってきます。

 

これがわかると自分でシークエンスも組めますし、

生徒さんの悩み別の相談にも乗れますし、何といっても

ストレッチの補助をしてあげることまで出来ちゃいます。

 

ただポーズをして、見ているだけの先生から一歩前に進めるんです。

生徒さんと自分の体を守るためにも

解剖学で身体を知ることは大切です。

 

まとめ

 

出来るだけヨガの先生からと、整体の先生など専門的な分野に

精通した方と両面から学び、

実践しながら経験を積み、自分も生徒さんにも安全で楽しく死ぬまで健康な

日常を送れるようにヨガというものがあるように、

是非学んで欲しいと思います。

私も日々苦手ながらアーサナをとりつつブラッシュアップしていってます。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント