依存を手放す方法|ヨガから見る|サントーシャ

スポンサーリンク
サントーシャ(知足) ヨガ哲学

こんにちわ。

大阪で出張ヨガをしているアルガのちかです。

 

今日は依存と執着について考えてみました。

 

何故、依存が生まれるのか?

それをどうやって手放していくか?

ヨガの視点から読み解いていきますよ。

何故、依存をしてしまうのか?依存の種類

 

そもそも依存って何?ってことなんですが、

他のものによりかかり、それによって成り立つこと。

とネットで調べると書かれていましたが、人という文字は寄りかかって…

とか思いつつ

更にしっかり調べていくと、

依存には種類があり、奥の深さというか闇の深さを感じました。

 

種類には

①物質への依存

  • アルコール
  • 薬物
  • たばこ
  • カフェインなど。

②プロセスへの依存

  • ギャンブル
  • 買い物
  • インターネット
  • 仕事
  • 恋愛
  • スマホ
  • ゲームなど

③人への依存

  • 家族
  • 教祖
  • パートナー
  • 占い師

などたくさんあります。

教祖

どれかは当てはまりそうじゃないですか?

私はネットやスマホがないと生きていけない環境にしてますし、今の仕事がないと

食べていけないのでしっかりと仕事にも依存しています。

しかし、なかったらなかったでしかたないので諦めるとは思います。

 

やげやりとかではなく、何か変化があれば、その波に乗るだけ。

執着してもしかたないということを、いろんな経験から肌で感じたからです。

 

諦めが早くなったけれど

諦めるって悪いことじゃないんですよ。

明らかに眺めること。とおっしゃる方もいますが

なるほど。と思います。

 

明らかに見て、ないものは仕方がない。ないなりに今日を過ごしましょう。

という意味だと思うんですよね。

それがヨガ哲学のサントーシャ(知足)に繋がっていくと私は思います。

 

サントーシャ(知足)足るを知ることから

 

ヨガ哲学にある中の一つ、サントーシャ(知足)とは

 

”足るを知ることの結果として、人は無上の喜びを得る。

ここでわれわれは知足と満足の違いを理解しておかねばならない。

知足とは幸福を求めて外界に赴くことなく、

ただあるがままであることである。

もし何かが来るなら来るがままにさせる、来なければ来ないでそれも良し。。

知足とは好悪のないことである。”

 

物を持つことを悪いとは言ってないんですよ♪

どれだけ持っていてもいいんです。

それを手に入れるために欲望を拡大させてゲットしちゃってもいいんです。

 

ただ、それがなくなったときに不足感や不安、執着して手放したくない。などの

気持ちがなければいくら持っていてもいい。ということなんですね。

心の持ち方だとヨガ哲学のサントーシャは教えてくれています。

 

今あるものに感謝する。

あってもなくても幸せ。

幸せ

今いる自分に感謝して向き合って信じれる。

自分のことを信じて愛せている。満たされている。

そんな心なら何かに頼っていても依存や執着にはならないということなんでしょう。

なかなか思うより難しいことですが

自分の感情に気づいて認めてあげることが

大切なんじゃないのかな?と思います。

 

自分の感情を眺めてみる。

これは何回も言いますがとても重要なことなので

書いておきますね。

 

依存を手放す方法

 

依存を手放すには

まず自分が依存していることを認めること。から始まります。

そして、依存している理由はどこにあるのか?を見つけます。

 

例えば、過食症のA子さんという方がいたとしましょう。

そのA子さんはB君が大好きです。

毎日会いたいし、連絡もまめに取りたい。

 

でもB君はクラブをしていてあんまり遊んでくれないし、連絡もまめじゃない。

 

A子さんはB君といるときはとても楽しくて幸せなのに、

いないときはとても寂しくて他のことが手につかないくらい不安になります。

手放す

これが依存ですね。

いてる時は幸せでいないときは不幸せ。一人でも一緒でも幸せだと

良いのですが、いないときの寂しさで心に穴が開くならば依存です。

 

あってもなくても幸せ。が遠のいてますよね。

 

それをB君のクラブの大切さもわかるからこそ

B君には言えずにモヤモヤしたまま

自分では気づかないうちに寂しさを埋めるために、暴飲暴食したり…

しなくていいことにはまって依存ループから抜け出せなくなるんです。

 

アルアルですよね。

これは過食症が問題の根本ではなく

B君に依存している、恋愛依存が根っこにあり、依存の先には

寂しい。もっと大切にして欲しい。かまってほしい。愛してほしい。

という感情があります。

 

その感情を少し自分と話して眺めてみるんです。

「あ~私今、B君いないと思って寂しさを感じてるんだ。そっか。寂しいんだ」

少し冷静に見ることが出来るようになると

原因もつかめて気持ちも落ち着いてきます。

 

人って結構愛されたい。と思っている人が多いから

普通なんです。寂しいなんて誰にでもある感情なので

認めてあげるだけで心は落ち着きますよ。

 

受け止めて受けいれることで

自分の感情に変化が表れてきます。

自分の感情を観察することの重要性が少しは伝わりましたでしょうか?

私もまだまだ成長途中です。

どうせ依存するならいい依存で

 

そして依存するならいい意味で依存=欲望ということにして

意識の矛先を変えるのがオススメです。

いい欲望を持って自分だけではなく

人のために欲を持つと達成しやすいですし、達成感も味わえると思います。

人って誰かの役に立つことを

実はとても喜ぶんですよ。

 

お仕事している方ならわかりやすいと思いますが

自分が役に立ったことの対価としてお金や何か違うもの、信頼や物などが

貰えますよね。

お金が入っているだけでなく、感謝や信頼も付いてきますから

とてもやりがいあります。

感謝されるって嬉しいことじゃないですか?

 

社会とのつながりはなくならないので社会貢献をすることは大切なんじゃないのかな?と。

社会貢献といっても大きなことしなくてもいいんです。

役立ち

今ある仕事をする。

主婦の方なら働いている旦那さんを支えることで社会貢献になります。

お買い物するのも貢献ですよね。

流通やスーパーやそこの店員さんは私たちのお買い物があるからこそ

成り立っているので、相互関係で必要としています。

 

お互いにお役立ちでお互い様。そしてお店をしてくれていることや

そのお仕事してくれている人がいるから

便利に買い物出来たり、移動できたりします。

お金を使っていてもありがとう。なんです。

 

だからこそ感謝が生まれてきます。

それっていい意味での共依存だと思うんです。

お互い支えあう。

 

そうなると自分も貢献できるようにしていきたいなと

自然と思えるようになりますよね。

 

今ある環境やお仕事に感謝して

どうしても無理な時は諦めて次を見つけて

楽しく社会貢献できるように過ごしていけるといいかなと思います。

 

 

何か始めるなら

「今日という日は残りの人生の最初の日である」有名な名言です。

やりたいな。と感じたその日が吉日♪

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしくださいね。

 

コメント