姿勢が美しさを作る理由

スポンサーリンク
健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は姿勢を正すと美しくなる。というお話を

骨愛好家として、骨から目線でお伝えしたなと思います。

骨まで愛して。

ではなく骨から愛して。でございます。

骨愛

 

何をもって姿勢がいいというのか

骨から目線で考えたことってあんまりないですよね。

私は骨が好きすぎて

整体などにいくと骨愛の熱が再発します(笑)

 

骨の本とか見ていると興奮しちゃいます。

昔から骨や筋肉が好きで養老孟司さんの『解剖学教室へようこそ』

という本を20代の時に買って、

その中の骸骨が後ろ姿で憂いている挿絵があったのですが

好きすぎて模写しましたよ。

これ模写したデッサン画。整理整頓してたら出てきました。

骨が好きなので、引っ越しをしても骨の本だけは大切に運び続けてました。

骨を組み立てる本とか、今はもう日本には来ることがない

人体の不思議展も三回いき、肺を触らせてもらったりしてました。

 

そこで買った人体の本は今でも大切に持っています。

見ることもあんまりないですけど宝物です(*’▽’)

 

周りはほぼ医学生で、一般で一人で興味津々で見ている人は

あまりいなかったと思います。

 

ということで

骨への愛を感じて頂けたところで

本題の骨と姿勢についてに行きたいと思います。

 

骨と姿勢、その日常と継続。

 

色んな本を読んだり、整体の先生のお話を聞いたりしていると

体って繋がっているんだなぁと感じます。

 

例えば、肩がこったらその患部だけをほぐして治療しても

すぐに元に戻ったり、なかなか治らなかったりしますよね。

全体を見てもらい日常で何に気を付けるべきかを

自分自身が知ることがとても大切なんだと思うんです。

 

ヨガでも同じで、日常がレッスンを受けるその日をサポートするんです。

ダンスでも日常のレッスンがあるから、本番の舞台で本領発揮出来ますよね。

それと同じことで、普段どうやって過ごしているかで

変わってくるのだと思います。

 

姿勢を骨目線から見ると、

足元から正しく骨の配列を組んでまっすぐに立つこと、座ること、

寝ることが出来ていれば

自然と筋肉も筋もあるべき位置に戻り

体が一番楽な位置でしかも美しく過ごせる。

それを知るにはネット動画も教室もあるし整体もあります。

でもそれは確認したり自分を知るための手段であって

そこだけで何かが劇的に変わるわけではないんです。

 

昔の私はそこに通っていたら劇的に変化するとお恥ずかしながら

ダンスをするまでは思っていました。

 

しかしそれでは変わらないんです。

もうお気づきだと思いますが、日常の時間の方が

レッスンや施術してもらう時間よりもはるかに長いですよね。

 

そこで癖に気づき、なおしていくことがとても大切なんです。

その癖って”あって7癖、なくて48癖”というくらい

自分では気づきにくいものなので、

プロのスポーツ選手でもトレーナーつけるのと同じように

定期的なメンテナンスやクラスレッスンで確認してもらう必要はあると思います。

 

何故か。

それは自分一人では自分を見切れないから。

クラスや医院に通う価値はそこにあると思います。

 

見てもらい確認して、

日常で実践⇒確認してもらう⇒調整して日常で再度実践⇒定期的に確認…

という感じでクラスを日常の実践の場として最大限に使いこなすこと。

 

これが一番結果が出やすくて

自分の成長にも繋がるのだと私は20代のときのダンスを通じて

初めて体感しました。

 

そして継続することの偉大さも知りました。

 

好きなことだと熱中してものすごい集中力で学び成長できるということを

ダンスから学んだんです。

だからこそなんでもいいんです。好きなことがあれば熱中できますし

集中力や成長すること、継続することで得られるものを

体感することで、つぎに何かあった時に継続力が出てくるんです。

 

姿勢を正すとは?

 

姿勢を正すとは?と疑問に思いますよね。

案外自分で思っているのと違うことが多いのでは?と思います。

正しければ痛みも、ゆがみも、たこも、魚の目も、余分な脂肪も少ないはずなので。

 

正しくたつことって本当に思うよりも難しいです。

姿勢を気にしてダンスやヨガをしている私も知っているつもりでしたが、

見た目ではなく、本来の立ち方を知らなくて痛みやゆがみや疲れを

引き起こしていたのです。

 

ヨガでは”タダーサナ”というポーズがあり、それは真っすぐ立つ。

ということをするだけなのですが、

シンプルなものほど難しいということが実感できるポーズです。

 

”山のポーズ”とも言われ、

ゆるぎなくそびえたつ山のように、しっかりと体に中心軸を持ち

左右前後に偏ることなくまっすぐに立つ。

ということをするんですが本当に難しい!

 

ポーズのポイント

 

①足裏は、かかと、小指の付け根、親指の付け根の三点で床を押しながら

重心はかかと寄りに。

②両太ももは内側に回すように締め、太ももを後ろに引き尾骨を下げるように。

③みぞおちはゆるめて肋骨が開かないように骨盤底筋を引き上げる。

④わきの力はぬき、脇はしめます。

⑤肩は回すようにして後ろに引き肩甲骨を下げます。

⑥顎を軽く引いて頭頂は糸で引っ張られているかのように引き上げる。

⑦横から見た時に、耳、骨盤の中心、くるぶしが直線状にあれば

真っすぐ立ててます。骨盤はしっかり立てて。

 

 

これだけのことをだた真っすぐ立っているだけだと思っているかもですが

意識してポーズをすることでゆがみや筋肉のいらぬ緊張は取れていきます。

これで日常過ごせたらきっと健康美を手に入れられますよ♪

 

骨盤も体の要なので、普段から立てるように意識することで

余分なお肉や痛みやゆがみが改善されていきますよ。

猫背気味で骨盤が後傾している方が多いので、

意識することで体から意識までも変わっていくことでしょう。

 

まとめ

 

普段見過ごしがちな骨から見ることで

体のゆがみや痛み、見た目の美しさが変化するということが

伝わりましたでしょうか?

 

まずは立つことや座るときに姿勢を意識してみると

少しづつ身体が変化していくと思います。

見て欲しい!という方はお近くの整体やヨガ教室で

先生に見てもらってくださいね(≧▽≦)

 

体はやった分だけ必ず答えてくれる。

裏切りません。

そしてその努力は心にもいい変化を及ぼしますよ。

 

ではでは今日もご覧いただきありがとうございます。

健康 小話
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント