リラックスする大切さとヨガでリラックスする方法

スポンサーリンク
リラックス 小話

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は、リラックスって案外難しいので

リラックスする方法を

お伝えしようかな?と思います。

 

え?出来てるよ。いつも家でだらだらしてるわぁ~

 

って思ってらっしゃる方もいるかもですが

実は、そのダラダラもリラックスできているようで

身体や脳は疲れさせていたりすることもあるんですよ。

 

寝すぎても身体が疲れちゃいますし、

じっとしすぎても身体が疲れます。

じっとしてもたいがいは何かを考えたり、TVを見たり、

ネットサーフィンしたり、

ゲームをしたり、本を読んだりして

脳を使っているので疲れます。

game

心地よいと思っていることでも疲れてしまうことが

ありますから、ちゃんと体と脳を休ませるということを

すると、とても楽になりますよ。

 

では初めて行きましょう。

リラックスする大切さ

 

リラックスすると、自分の最大限の能力を発揮できますし、

無駄な力が体にはいらないので

身体も楽ですし、身体がほぐれていると心も軽くて楽になります。

 

身体と心は繋がっていて切り離せないんですよ。

 

それを身体が悲鳴を上げているのに、無理して仕事を詰め込んでしまったり、

心が疲弊しているのに、無理してその気持ちにふたをしたり。

 

そうして自分の体や心の声を無視しているうちに

耐えきれなくなった心身が『病』という形で

全力で休ませようとしてくるんです。

 

自分のもともと持っている深い部分にある本当の自分は

誰よりも自分のことを知っていて

いざというときには、警告を鳴らしてくれるんですね。

それでも無理を続けているうちに、

麻痺してきて病であることすら無視してしまい

どうすることもできないくらいの事態が訪れてしまうこともあります。

そうなってから後悔しても遅すぎますよね。

後悔のないように、

是非とも体と心の声を聞いて頂きたいなと思います。

 

リラックスする方法をヨガから見てみる

 

リラックスするためにも

ヨガのポーズと瞑想、呼吸はとても役に立つんです。

 

リラックスする方法①

 

まずは身体をほぐすことで体の緊張を取りましょう。

ヨガポーズでリラックスしていきます。

寝転がって楽な姿勢で寝る前でもできるポーズを選んでみました。

 

☆ガス抜きのポーズ

・脚を抱えて、呼吸が苦しくないところを選びます。

リラックスできますし、お腹を刺激することで便秘にもいいポーズなんです。

 

☆ハッピーベイビーのポーズ

こちらはちょっと、人前でするのは恥ずかしいかと思いますが

家でこっそりする分には問題ないですね。

こっそりしてでもやるほうがいいオススメの理由は

その心地よいポーズなのに効能がたくさんあるからなんです。

 

やり方は、

1.ガス抜きのポーズから息を吸いながら脚を開き内側から足裏をつかみます。

2・息を吐きながら膝を床に近づけていきます。

 

効能はこちら↓

・お尻、太もも、股関節のストレッチ

・婦人科系の不調によい

・脳を休める

・ストレス疲労軽減

・全身疲労

・腰のだるさ

・デトックス効果

・むくみ解消

・便秘

・骨盤のゆがみ

 

すごいですよね。こっそり一人の時にしてみてくださいね。

 

☆橋のポーズ

こちらは骨盤底筋を鍛えるので骨盤内の渋滞緩和にとても良い

ポーズです。リラックス効果もありますのでねる前にしてもいいですよ。

 

やり方は、

1.仰向けになり、足は腰幅。かかとをお尻に血がづけておきます。

2.両掌は床に向けて体側におきます。

3.息を吸いながらお尻を持ち上げます。鼠径部を引き上げるようなイメージ。

4.余裕があればお尻の下で両手を組みます。

 

 

気持ちよくてほぼ目を瞑ってました(笑)

目を瞑るほうが情報を遮断できるので集中でき心もスッキリします。

 

ポーズはとても簡単な説明ですが

わかりにくいときは、YouTubeなどでも

動画がありますから、ぜひとも見て試してみてくださいね。

 

私もそのうち動画でお伝えできればと思っています。

 

リラックスする方法②

次は、瞑想です。

こちらは楽な姿勢で坐ってもらい、目を瞑って

視覚の情報を遮断しましょう。

意識はどうしても無にはなりませんので

呼吸に意識を向けたり、好きな神様や仏像、マントラや

好きな言葉(いい言葉ですよ)例えば「ありがとう」とか。

に集中します。

 

そして雑念がでてきたら、その対象物に意識を向けなおし、

雑念が出てくる自分を責めたり、卑下したりせず、

あぁ~でてきたなぁと少し客観的に眺めて、

寝てしまわないように、対象物に意識を向けます。

 

そうすることで、心の雑念が減り、脳もスッキリして

心までスッキリしてきますよ。

 

雑念だらけでモヤモヤしてしまっても大丈夫。

そんなときもありますから気にせずに日々少しづつでもいいので

続けていきましょう。

 

リラックスする方法③

 

最後の呼吸は瞑想やポーズと連動しているので

一緒に出来るならしていただいたほうが

瞑想もポーズも深まりますが、

慣れないうちは、まずポーズはポーズに集中しつつ

 

呼吸を止めないようにだけ気を付けて

慣れてきたら、深い呼吸に切り替えていきましょう。

 

瞑想は呼吸に意識を集中してみると、

集中力も上がりますし、呼吸も深まるので

呼吸に意識を向けて瞑想をしてみるのもいいと思います。

あぐら

呼吸は、意識しなくても出来ますが

意識することも出来る特殊な部位です。

 

意識して深い呼吸をし、特に吐く息を長めにすることで

副交感神経が優位になりリラックスしやすくなるんですよ。

緊張したときや、疲れた時、

仕事の合間にも呼吸で肩の力を抜いて

リラックスして本領発揮していきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はヨガからみるリラックスする大切さと方法を

お伝えしてみました。

 

リラックスするって本当に難しいんですよね。

ヨガ教室に行くと、必ず最後にシャバーサナ(屍のポーズ)という

寝るポーズがあるんですが、

その最後のリラックスをするために

他のポーズをしているといってもいいくらい

身体の力を抜いてリラックスすることは案外難しいのですよ。

 

身体も心もリラックスしているほうが

本来の自分の能力を発揮出来ますし、

何よりも無駄な力が入らないことで必要な所に力が注げますから、

リラックスすることは、

意識してやっていきたいなぁと思っています。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

今日も心地よい眠りがあなたに訪れますように。

コメント