アーサナをしないヨガ

スポンサーリンク
ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は哲学を通じてポーズをしないヨガについてお話をしていきます。

ポーズしないヨガって何?

って思いますよね(笑)

 

実はヨガにはポーズ(アーサナ)だけではなく

ギャーナヨガ(知識のヨガ)

カルマヨガ(行為のヨガ)

バクティヨガ(愛と信仰のヨガ)

 

などがあり、ポーズ(アーサナ)をしないヨガがあるんです。

その内容を詳しくお伝えしていきますよ。

 

ギャーナヨガ(知識のヨガ)

 

知識のヨガ、洞察のヨガ。

聖典の教えや本質を熟考するヨガ。

ただこれだけをしていると頭でっかちになり危険なので、

バクティヨガやハタヨガ(アーサナ)とバランス良く学ぶことが望ましいです。

 

ヨガ哲学を学ぶのがここになります。

哲学と聞くと難しそうですが日常に使えることも多いので

少しづつ勉強するのも面白いと思います。

心の成長にとても役立つと思いますよ。

ただ知っている。だけでは何も変わらないので

実践して体験してみて自分の体や心に落とし込むのが

本当に哲学の学ぶ価値であり、

日常に使えてこその哲学だと私は思います。

例えていうなら、英語の勉強して書けるし読めるし試験は合格するけど

聞き取れないし話せません。って感じでしょうか?

海外に行ってコミュニケーション取れないならあまり価値はないですよね。

 

八支則も知っていても実践しなければ知らないのとあまり変わりません。

実践し体験するからこそ身に付きます。

 

アーサナも日々続けることで体の変化や成長がわかります。

ヤマもニヤマも実践し続けることで変化や成長が体感としてわかり身に付きます。

頭でっかちにならないように気を付けて『体験・実践』を大切にしてください。

 

八支則の2つ、ヤマ・ニヤマの日常で使える行為を

載せておきますので参考にしてください。

 

ヤマ(禁戒)日常生活で行ってはいけない5つの行為

1.アヒムサ(非暴力・不殺生)

 

いかなる生きとし生けるものも殺してはいけない。

行動・言葉・思考のレベルで他者に暴力をふるってはいけない。

誰も傷つけないような言葉を使い、他者に感謝する。

休みたいときは休み自分も傷つけない。

 

案外自分を傷つけてちゃうことありますよね。

頑張りすぎる人に多いのではないでしょうか?

自分も他者にも優しく傷つけないこと。心の中でもなので

簡単ではないですが。

 

2.サティア(嘘をつかないこと)

 

自分の利益やエゴを守るために嘘をついてはいけない。

疲れてるのに疲れてないふりをしたり、楽しくないのに楽しいふりをする。

これも自分に嘘をついていることになりますので

自分の感覚に正直になりましょう。

 

もし、自分に正直であることが、

1番のアヒンサを破るようなことがおこるのであれば黙っているか、

優しい嘘をいいましょう。アヒンサが優先されます。

3.アスティア(不盗)

 

他人の物、時間、信頼、権利、利益などを盗んではいけない。

約束の時間に遅れてくるとか、

相手の話を遮ったりするのも他人の時間を盗んでいることになります。

失敗するチャンスや学ぶチャンスを奪うのも

他人の権利を盗んでいることですね。

 

自己中心的な行動を慎んで、

この世の物質的な外に向かうものから執着を手放すのが

アスティアを実行するポイントと言われています。

 

4.ブラフマチャリア(禁欲)

 

元々は独身で過ごすことと言われてましたが、

今ではパートナー以外の人とむやみに性的な関係を持たないこととなっています。

生命エネルギーは必要なところに集中させることが大切。

 

私たちは物質世界に住んでいるので生命エネルギーには限りがあります。

その大切なエネルギーを無駄に使うのではなく、

必要な時に必要なことに使えるようにしましょう。

これは神道の方もおっしゃっています。

 

5.アパリグラハ(不貪)

 

尽きることのない欲望に捕らわれないこと。

外の世界に幸せを求めるのではなく自分の内側に既にある。

足るを知ること。いくら欲しいものを手に入れても、

心が満足してないとまたほしくなります。

 

キリがないので外にではなく自分の心が充足するように

思考や心の持ち方を変えていくことが大切。

ニヤマ(勧戒)日常生活で実践すべき5つの行い

 

1.シャウチャ(清浄)

 

自分の体と心をいつも清潔に保つこと。

身体だけでなく心も。

心は内面から奇麗になるように自分磨きをしたりして

心に余裕を持つと空いた空間に新しい風が吹いてきますよね。

 

心を綺麗にするには言葉を美しく使うことが

外から影響を与えれるもっともやりやすい方法かも。

いい言葉を使いましょう。

 

2.サントーシャ(満足・知足)

 

足るを知る。今あるものや事柄に感謝しましょう。

環境・人間関係は何かの理由があって必然的に起こっています。

過ぎてしまえばわかることもありますが、

その時にはなかなか感謝できなかったりしますよね。

そんな時は私はそれでいいと思います。

 

後で感謝できるならそれも成長の過程だと。

『ありがとう』を口癖にするといいですよ。

言えないときは自分を責めないで、そんなときもある。

と自分を許しながら少しづつ続けていくうちに

本当に心からの感謝が出てきて溢れてきます。

その時、サントーシャが体感できると思います。

3.タパス(苦行・自制)

 

精神鍛錬のために困難なことを実行すること。

苦しいことをするのではなく、いろんな問題が出てきたときに

受け入れる心の強さを持ちましょうということです。

 

仏陀も自分を痛めつける修行に意味はない。と話されています。

アヒンサは自分にも暴力はしないことですので

今あることに一生懸命に取り組んでいき

成長することで強く美しく磨かれていきます。

 

4.スヴァディアーヤ(読誦・学習・向上心)

 

心を整える書物を読む(マントラや経典を読むこと)

今は心の成長を促してくれる本や、音声、YouTubeやセミナーなど

形は変わっていますが、

本質は心の成長を促すものをとりいれることだと考えます。

 

マントラも経典もとても良いので参考にしながら

今に当てはめて考えるのがやりやすいかなと思います。

 

 

5.イーシュワラ・プラニダーナ(信仰・唯一絶対なる存在)

 

自らに備わっている神性を信じること。

私達の魂は神様のわけ御霊と言われています。

神様を信じることや祈ることは、自分を信じ願いを形にすることと

通じているのだと感じます。

 

なので、神様に祈りをささげること。全てを受け入れること。

祈ることは想いが神に伝わり叶うのだということを信じる。

 

自分ではどうすることも出来ない大きな流れに逆らわずに

そのままを受け入れてゆだねましょう。

いい波に乗っていきましょう。

信じるか信じないかはあなたの自由です♪

 

カルマヨガ(行為のヨガ)

 

無私の行為、奉仕の意味とあらゆる行為を

見返りを期待せずに行う意味が込められている。

個人的な利益を期待せずに助けが必要な人やコミュニティに奉仕するとき、

自我を手放すことが出来ます。

 

行為の結果に執着せず与えられた役割や目的を果たすこと。

この世界は物質世界なので実践しやすいヨガともいわれています。

簡単ではありませんが、結果に執着せずに今やるべきことを一生懸命する。

結果に執着がなくなることで心に平穏が訪れます。

 

まずは人の役に立つことを何でもいいので続けてみるといいかなと。

常に笑顔でいる。とか挨拶は自分から元気よくする。

でもいいと思います。

これも続けるとなると簡単ではないですよね。

色々とチャレンジしてみてくださいね。

 

バクティヨガ(愛と信仰のヨガ)

 

恐れないという意味を持つ、献身のヨガ。

愛と信仰の道。神聖な歌を歌うバジャン(祈りの歌のこと)

キールタンはバジャンの1で神様の名前を繰り返し歌い

神聖なものに対する想いを表現するヨガ。

 

神々やグル(師匠)など高次の意識の象徴を愛することで純粋意識と一体化する。

自他の区別をなくす道。

自我を手放して他の存在と融合を図り信念をはぐくむという根本的な道。

ヨガの最初の道とも言われています。

大きな意識にゆだねる感じで信仰というと宗教色が強く感じるが、

望むこととゆだねることのバランスで

望んで一生懸命努力するけど結果は神様や天に任せます。という感じです。

これも神道に通じる言葉です。

 

こんな感じでアーサナ以外にも日常でもヨガ出来ることは溢れています。

ヨガと呼ばなくても人に丁寧に接している方など、

知らずヨガ的な考え方で生きてらっしゃる方もいます。

 

まとめ

 

アーサナ以外のポーズをしないヨガには

 

ギャーナヨガ(知識のヨガ)

カルマヨガ(行為のヨガ)

バクティヨガ(愛と信仰のヨガ)

 

などがあり、日常で使えるものが多い。

 

☆特にヨガ哲学のヤマ・ニヤマは日常で使えることが書かれていますので、

簡単ではありませんが

一つづつやってみるといいかなと思います。

 

出来なくてもいいんです。完璧でなくてもいいんです。

チャレンジすることに意味があり、

そこから失敗しても学べることがたくさんありますから。

 

私もたくさんチャレンジして失敗もたくさんしています。

完璧になんてできてませんが、

今の私に出来ることをチャレンジしています。

いつからでも何歳からでも遅くありません。

今は失敗できることが財産と感じているくらいです。

 

失敗を恐れて一歩を踏み出せなかったのですが、

遅ばせながらいまたくさんのチャレンジと失敗を楽しんでいます。

失敗しつつも成長できるので、本当にチャレンジは大切だと痛感します。

 

一人が変われば周りも変わります。

周りが変われば環境が変わります。

環境が変われば世界が変化し始めます。

自分一人くらい。。ではなく自分から変化すれば、

その先に世界があるんです。

 

今はネットがあるので一人の言葉が世界につながることもないことはないですよね。

あなたが変わることで世界が変わるかもしれないです。

その可能性があるのが今の社会ですよね。

 

失敗することもできるなんて最高じゃないですか?(≧▽≦)

あっ無理にチャレンジする必要はないですよ(^^)

ご自分のタイミングでやってみようかなと思えたときに思い出して頂けたら嬉しいです。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。
良い一日をお過ごしください♡

ヨガ哲学
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント