美輪明宏さんの『毛皮のマリー』と暗黒舞踏

スポンサーリンク
美輪明宏さん 小話

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は念願の美輪明宏さんの舞台を観に行ってきました♪

『毛皮のマリー』です。

実は内容を一切知らずに美輪明宏さんの舞台ということだけで

チケットを買い、母と観に。

 

以前にシャンソンショーは観に行ったのですが、

どうしても演劇の方を観たくて

チャンスをうかがっていたんです。

舞台が始まるまでの写真タイム

 

今日は大阪のシアタードラマシティでの公演でした。

入り口入って右奥にある写真コーナーがあり、写真を撮るのが

恒例行事になっているようです。

 

私もその波に乗り写真を撮ってきました(笑)

それがこちら♪

美輪明宏さんの人形。真ん中が花嫁衣裳来た美輪明宏さん。

拡大するとこんな感じ。人込みで横からしか撮れませんでした。

とってもいい感じの人形さん。

美輪明宏さんらしく華やかな感じのコーナーです。

 

舞台の幕あけ

 

そして、席に着き緞帳を観ながら

こちらが緞帳。蝶々の映像が美しい。この蝶々もお話のポイント。

舞台の幕が上がるのを待っていたら、

開演時間から少し遅れて緞帳が上がりました。

空いた瞬間のドウランの香りがぶわっと流れ込む感じが

あぁ始まったなぁと感じれるので好きなんですよね。

 

舞台って日常から少し離れることが出来、

ひと時だけでも、その世界に浸れますからいつもと違う角度から

物事を観れたりします。

 

美輪明宏さんと暗黒舞踏

 

今回観て感じたことは、

『嘘と本当』『裏と表』『闇と光』『コミカルとシリアル』

などの緩急つけた内容が勢いよく流れ込んでいて

作品にエネルギーがめちゃくちゃありました。

 

本当に緩急のつけ方がめちゃくちゃうまい!!さすがです。

あっという間に舞台の世界観に引き込まれていきました。

 

そして今回麿赤児さんが下男と醜いマリーを演じていて

更にびっくり!

昔、暗黒舞踏というものをしてまして麿さんを知ってたんですよ。

麿さんは『大駱駝艦』という暗黒舞踏の主宰をしています。

 

その、暗黒舞踏と通じるものを感じたんです。

 

暗黒舞踏とは、創設者の土方巽が言ったセリフで

『命がけで突っ立つ死体』

『身体には身体の命があるでしょ?心だって持っている』

といって、頭で考えず肉体は肉体のままに動く身体表現である。と。

 

そして私の師匠からは、

基本のポーズは『田んぼでたちしょんべんしている姿が基本の立ちポーズね』とか。

 

何故肌を白くするのかと聞くと、

肌の色をなくすため。肌の違いで区別する必要はない。

皮膚も表面に見えているだけで

内面が表で、外面が裏かもしれない…というような逆説的なことを話されていました。

その時は意味不明でしたが、今なら何となくわかる気がします。

 

暗黒舞踏や美輪明宏さんの舞台は

思っているよりも抽象度が高いのかもしれませんね。

なのですごく惹かれるんだけど、

自分の抽象度に合わせて解釈が変わってくるような。

 

その時の自分に合わせて解釈し、

また何年か後に見ると解釈が変わっている。理解が深まる。

だからこそ長年公演が続いている理由なのかもしれません。

何度見ても飽きない。

 

するめのような噛めば噛むほど、観れば観るほどに味わい深い感じ。

そんな奥行きの深さを、今回の舞台に見たような気がしました。

 

感想※ちょっとネタバレあり

 

今回のポイントの一つに

母の子への愛着・執着があり、それすら嘘か誠か?!

みたいな感じで幕が閉じたので、

この先は自分で感じた答えが正解だということなのだろう。

 

本当の所はマリーにしかわからないけれど。

 

美輪さんの演技すら嘘か誠か?というくらいの迫真の最後のシーン。

子への愛をなげく最後のシーンは美輪さんのとてつもない

エネルギーで会場が満たされました。

 

エネルギーの概念がわからない母ですら

泣きそうになった。と何かを感じ受け取っていたんです。

 

私は美輪さんの魂の叫びだったんじゃないのかな?と感じたんです。

それは、舞台を超えて人類愛のような大きな愛。

愛をもってすべてを許す。他人も自分も世界も。

というメッセージが込められていたように感じて。

 

 

魂が共鳴して震える。観客を巻き込んで魂をふるわせることが

出来るなんてすごすぎます。

 

母も帰り道に

『めっちゃ価値がある』とつぶやいていたくらい。

私もそう感じました。

 

また美輪さんが生きているうちに

もう一度舞台を観たいな。。と思わせてくれるほどの

素晴らしい美輪さんに感謝したいと思います。

 

この感動を一人でも多くの方が感じれたらなぁと

思い、なるべくネタバレしないように書いたつもりですが

どうしても最後のシーンは伝えたかったので

書いちゃいました。

 

エネルギーを感じるには舞台を観に行かないと

感じれませんので、是非美輪さんがお元気で舞台されているうちに

生美輪さんを見てみてくださいね♡

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。良い一日を。

 

 

コメント