真夏の過ごし方・大暑~24節気から~

スポンサーリンク
小話

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は大暑についてです。

そろそろ真夏がきて暑さにうだる時期でもありますよね。

そんな真夏を乗り切る方法を

24節気からお伝えします。

 

大暑

 

時期は、7月23日から8月6日ごろのこと。

一年でもっとも暑い時期で、真夏や熱帯夜が始めるのもこの時期です。

花火の時期でもありますね(*’▽’)

夏祭りもこのころから各地で始まり、昆虫たちもこの時期を彩ってくれます。

心がけること

 

年に4回ある土用の中でも、一番重要な土用。

ものごとの起承転結を『生長化収蔵』で表すと、

春・夏・土用・秋・冬の順番になります。

 

*生長化収蔵とは…とっても簡単に説明すると(雰囲気だけ感じて頂けたらOK)

春に生まれ、夏に成長し、変化して秋には収穫し冬は種となり

次の芽生えを待つ。

という自然の繰り返される循環のことです。

 

夏の陽から秋の陰に変わるということは、

豊潤から貧弱生活に変わるのが難しいように、

陽から陰の生活に変化するには、大きな努力を必要とすると言われています。

 

この土用の時期は、土いじりや土おこしをせず、

なすがままに過ごすべきと言われていて、

土建業は今でも、土用は避けるそうですよ。

 

何も起こさなくても自然に変化していくので、自ら動かずに

周囲の様子を見て、あわせたほうがいい時期。

 

どっしりとし、人の中央に立つことで魅力の出やすい時期。

この時期にこそ本来の自分自身の軸を定めるといいんです。

世の中は常に変わっていき、自分の考えも日々進化していますよね。

その中でも自分が本当に好きだったものは何だったか?

他の人との違いは何か?

特徴を生かすには?

と自分を見つめなおす時期なんですね。

 

自分は何のお役目があって生まれてきたのか?

自分の宿命は何なのか?

自然に浮かんできたならばそれがあなたの運命。

 

誰しもが、大きなことでなくとも何かしら意味があって

生まれてきていると私は思っています。

 

意味がないと言われる方もいらっしゃいますが、

(あっ否定ではありませんよ)

ヨガでは人間に生まれてきた理由は成長すること。とも言われていますし、

今の環境や周りの人との関わりの中で

意識することで必ず自分にとっての成長するチャンスはあると思うんです。

 

それが生まれてきた最大の理由なのであれば

誰しもが生まれてきた大きな意味があり、

悩み苦しむことの意味すら腑に落ちてくると思いませんか?

映画のように、起承転結があるからこそ

面白い人生にもなるし、成長もするものですもんね。

 

自分軸を見つけるちょうどいい時期なので

自分自身を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

体調管理

 

先ほどお伝えしましたように、方角でいえば土用は真ん中にあたります。

体でいえばお腹。胃腸です。

夏の疲れって胃腸にきたりしますよね。

 

素麺しか食べれないとか、水分しか欲しくない。。なんてことも

聞いたことがありますから、胃腸に疲れが来るのは感じます。

 

食材や食べ方、食べる時間などを見直してみると

疲れにくくなります。

食べ物が体を作っていますから

大切に頂くことはもちろん、身体に負担ないように

食事をすることも大切なポイントです。

 

一日一食が若返るとか言われたり色んな健康法が

流行ってますし、昔は一日二食だったから今は食べすぎだ。とかも

いわれていますが、

 

24節気では日本人はもともと雑食で腸も長いから一日三食の粗食が

向いていると考えられています。

加齢によって量を食べれれないときは、少量でも栄養価の高い

肉などを食べます。また食事には氷は控えてくださいね。

 

そして、女性には嬉しいダイエットに最適な時期なんです。

この時期に胃腸を整えて元気に過ごせれば

代謝が高まり効率の良いダイエットが期待できるんですよ♪

 

一番避けたいものは『白砂糖』

こちらはもう有名すぎますが、身体にと脳に悪いとも言われていて、

しかも常習性がものすごいそうです。

確かに甘いものはやめれません~(;^ω^)

 

少しでも減らすために、イモ類や炭水化物の本来の甘味で

ダイエットをしてみると、

きっと身体だけでなく、脳にも変化があり、

これは心にも影響を及ぼしていくことでしょう。

 

私もジャンキーなおやつはやめるようにして

おやつもなるべく体に優しいものを選ぶようにしています。

 

そうしているうちに、いいものはちょっとお高いし、

選ぶのにも時間やお金かかるなぁと思ったら食べるのがめんどくさくなり

しっかりと米を食べるようになりました。

 

米をしっかり食べると腹もちがいいので

まずはコメの甘味を感じながら食べてみるものいいかもしれません。

 

そして、発汗もしやすいので背骨を伸ばし姿勢よくして

しっかりと腹式呼吸しているだけで代謝があがり、

いつもの時期よりも簡単にダイエットが出来ちゃいますよ。

 

ポイントは背筋をしっかりと伸ばして呼吸すること。です。

 

摂るべき食

 

豆腐…甘味・微寒性で腫物を治して消炎し充血を治します。

消化を助け、慢性胃炎を治します。

 

散血作用や清熱作用からうつを治したりストレスを改善するそうですよ。

私は何を隠そう豆腐が苦手だったりするんですよね…(笑)

まぁうつやストレス、慢性胃炎もないから良しとしときます。

 

人参…通常料理に使う以外にも高麗人参や紅参などいろいろあります。

どれも温性で胃腸を丈夫にして、肺の防御作用を高め、

滋養強壮に役立ちます。

低血圧を治し温めるから色白で貧血気味の人や胃弱の人にピッタリです。

 

私はあまり食べなかったのですが、最近レッスン前に軽く

ご飯を食べたいなぁと思って、

かやくご飯を作ることが多くなったので、その中に入れて人参も

よく食べるようになりました。

 

枝豆…甘味で平性なので万人にオススメの食。

気血を補い、水のめぐりを良くします。この時期の季節ものだけに

胃腸に良く、消化を促し、便秘にもよいです。

美肌効果、高血圧、肝炎予防にも効き目あるそうですよ。

 

野球を見ているお父さんだけの食べ物ではありません!

是非女性も食べて美しくなりましょう♪

 

まとめ

 

ということで、今回は大暑。夏真っ盛りのこの時期の過ごし方を

お伝えしました。

 

自分を見つめなおし、昔ながらの和食に舌鼓を打ちつつ、

旬ものを美味しく頂いていたら

体も喜ぶのはないかな?と思います。

 

是非いい波に乗って秋を迎えたいものですね。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント