骨盤アナトミックの体験に行ってきました

スポンサーリンク
小話

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日はアナトミックヨガの体験に行ってきましたので

こちらもどんな様子だったのかを

お伝えしたいと思います。

 

皆さんはアナトミックヨガをご存知ですか?

実は私はこのクラスを受けるまで詳しくは知りませんでした。

気になっていたので行ってみよう。

と思い立ち体験してきました。

 

ちょっと想像と違うワークショップ。

骨盤アナトミックヨガとは

 

骨盤アナトミックとは

骨盤の周りの筋肉にアプローチしていくヨガ。

 

特徴

1.能動的であること

2.アプローチする体幹の筋肉

3.究極のリラックス

4.自律神経にアプローチしていく

5.比較的ゆっくり

6.サラサラの汗(デトックス)

 

特に2.の筋肉にアプローチはご想像通り筋トレ要素たっぷりなんです。

~筋トレ効果~

 

ミトコンドリア増殖(若返りの元とか言われていて

増えないとか言われてますが増えるそうです)

⇒確かに運動している人って割と若い雰囲気ありますよね。

毛細血管増加(血流up)

筋断面面積up

 

レッスンの様子

 

今回は基本的に座学だと思って受けたので

途中からレッスンが始まるとは思っておらず、ちょっと油断しました(笑)

 

確かに実際に体感してもらうのが早いですよね。

 

昔にアナトミックではないけれど、

このアナトミックヨガを開発した内田かつのり先生の

解剖学教室にいったことがあり、

とても楽しく解剖学を教えて頂いた記憶があります。

 

難しいことをわかりやすく伝えてくださる先生って

素晴らしいですよね。脳みその作りが一緒だとは思えません(笑)

 

その先生が体を知り尽くしていて

その上で体に効果的なヨガメソッドを作られたとどこかで

見たような気がします。

 

ずっと気にはなってましたが

内田先生のワークショップにいくタイミングがなく、

今回TT卒業されて第一線で活躍されている

とっても素敵なHanako先生という方がされているクラス

に行けることになりお邪魔することに。

 

めちゃくちゃ気遣いが素晴らしく

やさしい雰囲気がにじみ出てました。

言葉のチョイスも抜群で素敵な先生でした。人気あるのがわかります。

 

そしてクラスは筋トレと言われるくらいハードで

普段使わない筋肉がプルプル震えてました。

 

ヨガで生活している人も、きつい!といいながらワイワイと

気づいたら仲良くなりながらクラスを楽しんでました。

 

骨盤周りの筋肉を動かすようなポーズで

例えば立ちポーズのこちらヴィラパドラ1。

 

 

きつい角度から更にもう一歩、二歩も

踏み込んで一番きつい所でキープ。

その後普通なら解放してリラックスするところが

更にまたそこで更に骨盤を立ててそらしてそらして

もう一つそらしてキープ。とか。

 

最後シャバーサナの前には

筋肉がいうこと聞かないくらいの疲れっぷりに

ストレッチが心地よく、

シャバーサナは最高に至福のひと時でした。

 

これが究極のリラックスということかぁと

実感してました。

いや。半分寝てたかもしれないくらい体を休めることに

悦びを感じてました。

 

緩急とは言いますがかなりのふり幅に私の身体は

ちょいと疲労を感じて。

それくらい体を使って疲れることで究極のリラックスが訪れるんだなぁと

思いつつ、これ普通に流行ってるのかぁ。。

 

と、仕事を頑張った後にこのハードさや休みの日には

きつくないのだろうか。。と

自分のひ弱さに少しそんなことも感じてしまった瞬間です。

 

しかしこのクラスはどのクラスよりも一番人が多くて

大盛況だったのは、

Hanako先生の人柄なのか

筋トレが好きな人が多いのかよくわかりませんでしたが。

 

終わりに

 

ちょうど筋肉つけていかないとなぁと感じていたからか

このワークショップに参加することになったのかなぁと感じつつ、

また日々やること増えるよなぁとにやにやしながら

筋肉痛を楽しんでいる今日この頃です。

これを超えると筋肉がついてきて

ポーズもまた楽に出来るようにもなるし、疲れにくくも

なることは身体が知っているので

筋肉痛も楽しめるんですけどね。

 

今日もまたマニアックな内容になりました!

 

誰が興味あんねん!って突っ込み入れつつ

今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメント