股関節の大切さを色んな角度から見てみる~オススメヨガポーズ付き~

スポンサーリンク
ヨガポーズ
股関節の大切さ

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は股関節について。

身体にとって無駄なものは何一つないのですが

特に身体の中心に近い所は特に柔軟にしておくほうが

痛みや怪我だけでなく動きやすかったり、思考にまで

影響を及ぼしますから、固いけど…とか、痛いけどまぁ年だから…と

諦めずに是非動かして欲しい箇所です。

 

股関節の大切さを感じてオススメストレッチやヨガポーズをしてみてください。

 

意味を知って意識して動かすことで

効果は何倍も変ってきますから(≧▽≦)

股関節ってどこ?

 

まずはここからですよね♪

この赤丸部分が股関節

股関節とは、寛骨の外側にある寛骨臼(かんこつきゅう)という丸いくぼみに、半球型の

大腿骨頭がはまり込むようにして構成される球関節。

肩の関節より深くおさまっているので外れにくいけど可動域は狭くなっています。

 

股関節が固いとどうなるの?

 

股関節が固い場合を身体から見てみると、

可動域が狭くなり日常の動作に制限が出て動きにくかったり、

冷えやむくみも出やすいですし、

更には骨まで歪んでしまいます。

 

そうなると痛みが出たり怪我しやすくなったりと

身体の中心に近い分、色々と不具合が出てくるんですね。

 

ヨガの角度ではチャクラからもみて、

股関節が固いと笑いにくかったり、

喜びを感じにくくなったりすると言われているんです。

 

過去のメンタル的な印象が原型として無意識に蓄積されたところ。

悲しみが貯まるからよく動かして

ほぐしておくといいと言われているのも聞きますが、

そうしたことと繋がってるのだなと感じます。

 

本能の中心でもあり、ここを浄化すると動物的な性質が超越されます。

 

チャクラの対応の名前は”スワディスタナ”

舌や生殖器全体を司るチャクラ。

じゃここをめっちゃ動かしてストレッチをするといいのかと

いうとそうでもなくて、

 

ストレッチしすぎると、

この”スワディスタナ”だけエネルギーが高くなり他のチャクラのエネルギーが

下がりバランスが悪くなるので何事もやりすぎは良くないんですね。

 

何事もバランスが大切。

 

股関節ストレッチとヨガポーズ

 

やりすぎは良くないけれど、やらないものまた良くない。

この適度にするのがバランス。

バランス感覚って本当に大切なんです。

食事も偏るとバランス悪くなり

体調不良になったりはては病気になったりしちゃいますよね。

それと同じ感覚です。

 

無理のない範囲で続けられるなぁというゆるめの回数からはじめてみて、

続けていくうちに、増やしていけばいいですよ。

 

 

まずは毎日継続することがとても大切です(^-^)

 

ではストレッチ方法をお伝えしますね。

 

ストレッチ

1.まずは寝て膝を立てます。

膝の間は腰幅よりも大きめに開いておきます。

 

2.息を吐きながら、どちらからでもいいので両膝を写真のように

倒します。これなら両膝を右に倒します。左の股関節が心地よく伸びるところでOK。

左右何回かしてほぐします。

これならテレビ見ながらとか、音楽聞きながらでも出来ちゃいますよね(^^)

 

ヨガポーズ

 

・がっせきのポーズ

足と足の裏を合わせて座り足を持ちます。背筋は伸ばして。

横から見たらこんな感じ。

これだけでもいいですし、余裕があれば手を前に伸ばして前屈すると

更に股関節が良く伸びますよ。

 

・英雄のポーズ1

1.タダーサナ(真っすぐ立つ)で立ち、手を腰に当てて

大きく左足を後ろに引く。

骨盤はしっかりと立てて、前の足はつま先真っすぐ正面むき、後ろの

つま先は45°外側に開きます。

 

2.前足の右足を90°に曲げ、重心は身体の中心に。

 

3.両手を前からあげ、頭の上で合掌。このとき肩は下げて肩周りはリラックス。

後ろ足のモモ裏をしっかり引き上げ、両足裏はしっかりと大地を踏みしめます。

 

 

・英雄のポーズ2

解説は下記から♪

ヴィーラパドラーサナⅡ(英雄のポーズ)で勇気を養える|今日のヨガポーズ

・三角のポーズ

1.足と手を大きく開いて立ちます。(大の字のように)

両腕は床と平行に、足幅は肘の下に足先が来るくらいに大きく(無理ない範囲でOK)

右の足先は少し内向きで、左足先は真横に。

 

2.上体を横に倒します。(図でいうと左)

この時も左手は床と平行。へそを下にむけない。

 

3.左手を床に手をつき(手はカップハンズ)上の手は真上にあげ、その手を見る。

両手が一直線上になるように。

頭頂は左に引っ張られるようなイメージ。

 

 

・体側を伸ばすポーズ

こんな感じでポーズが色々ありますし、他にもまだ股関節に良いポーズは

あります。

是非少しでも、一つでも続けてみてください。

 

毎日することで身体は確実に変わっていきます。

ポイントは、『いた気持ちいい』くらいの所で思っているよりも

少しだけ長めにキープする。

呼吸でいうと3~5呼吸くらい。

半年もすると身体が変わっていくのが体感できてきますよ。

 

まとめ

 

今日は久しぶりのヨガポーズでしたが

なかなか全部のポーズを写真にはとれませんでしたが、

感覚はつかんでいただけたかな?と思います。

 

股関節を動かすことで、身体の可動域が増えたり柔軟性が

増えることで怪我しにくくなるだけでなく、

心のネガティブなものも減らし、喜びを感じやすくしてくれる関節なんだと

知って動かすことで、身体は脳と繋がりさらに意識して

股関節を整えてくれますよ。

 

また色々とお伝えできればなと思います。

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント