感謝が雨あられのように降り注ぐ|やさしいヨガ哲学|サントーシャ

スポンサーリンク
感謝 ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪で出張ヨガをしているアルガのちかです。

 

今日は「感謝」のお話。

ヨガ哲学でいうサントーシャ(知足)に繋がりますね。

サントーシャは、足るを知る。

今あるものや状況に感謝すること。

 

それを「感謝」でわかりやすく日常に落とし込んでいきましょう♪

 

感謝って、いいことが起こったら自然と「ありがとう」って

言えますが、そうでもないときや嫌なことが起こった時はなかなか感謝って

出来なかったりしますよね。

 

そんなときもこのお話を読めば感謝が雨あられのように降りそそぎ

ついつい感謝したくなっちゃいますよ♪

 

感謝すると幸福度が上がる!

 

最初にも書きましたが、

嫌なことや苦手なことが起こるとついつい感謝できなくなったり

しちゃいます。

 

でもそれを感謝できれば、見る世界が変わってくるんです。

 

私の体験でお伝えしますね。

私は仕事で苦手なことがあり、なるべくなら頼んでほしくないことが

あったんです(笑)

 

でも仕事なのでそうそう逃げれません。

 

そんな時、いやいやすると大抵ミスを犯すんですよ。

でお互いに雰囲気が微妙になったり。

相手だって怒りたくないし、指摘するのもエネルギーがいりますもんね。

 

そんなときに感謝やありがとうの言葉が大切

と聞いて

試しに、嫌な時こそチャンスだ!

と思って考え方を変えて仕事に取り組んでみたんです。

 

そしたら仕事出来るってありがたいし、成長のチャンスだと思えたり、

失敗を恐れずに素直な気持ちで取り組むと

失敗もほぼないし、失敗しても素直に謝れるので

人間関係がスムーズに行くようにもなり、

しかも仕事の幅が広がり信頼も増えたんですね。

 

雨あられき始めました(笑)

 

一番のうれしいことは

感謝が自然と出来るので、その感謝に感謝が帰ってきて

感謝祭みたいに感謝エネルギーが循環してくるんです。

 

自然と自分の中から感謝が出るので

枯れません。

どんどん出ますし、相手からも出てきます。

そうなると、嫌なことが少なくなってきます。

 

お互いに協力し合う環境になっていきますし

成長しあえるようにもなります。

 

意識して「感謝」にフォーカスしてみると

幸せを感じやすくなりますよ。

 

人生が変わるきっかけは少しの変化からです(≧▽≦)

感謝することがお得だと自分の脳に伝える

 

脳ってホントに言葉にしないと理解してくれないんですよ。

 

ふわふわした思いをそのままにして言語化してなかったりすると

脳はふわっとしかないもののことはちゃんと把握できないようで

ちゃんと理解してくれないんです。

 

脳が納得するには言葉が必要なんですね。

 

「感謝すると感謝したくなるようなことが起こる」

 

ということの重要性を言語化して他の誰でもない自分の脳に伝えるために

ふわっとした気持ちは言語化しておくほうがいいんです。

 

 

例えば、

「雨降ってて湿気るし、なんか雨って嫌だな」というふわふわした思いを

「雨降ったから、あのお気に入りの傘させるな~♪」

「あそこのスーパー雨の日セールしてるから帰りに寄ろう。好きなおやつが安くなるし雨の日ラッキー♪」

という脳がイメージ出来る考えに変化するだけで、

雨にも感謝出来るんです。

 

しかも楽しくなっちゃう♪

 

そうすることで、嫌な気持ちやイライラが減り

自分のエネルギーを無駄使いしなくなります。

そしたら心に余裕が出来るので、人にも優しくなれますよね。

 

心に余裕があるってそれだけで幸せ感めっちゃあがります。

 

本当に心の持ちようとはよく言ったもんです。

同じ出来事でも見る視点が変わると意識も変わるということですね。

日々視点を変えて日常を見てみると、

いつもの毎日が違って見えてきますよ。

 

どうしても嫌なことがあった時は、

その気持ちに名前を付けて

イメージの中の「ゴミ箱」に捨ててしまいましょう(*’▽’)

 

「王様の耳はロバの耳!」的な感じで(笑)

 

ピンチはチャンス!感謝で乗り切る!

 

気持ちの持ちようと言いましたが

本当にピンチの時に感謝して周りに頼って協力求めたり

どうすれば出来るマインド」で、

 

この困難の先にあるチャンスは何だろう?

 

考えてこのピンチに感謝して取り組んでいるとチャンスが見えてきます。

 

大抵そのチャンスは自分が思っているよりも

若干高めの設定なんですよね。

 

まだ自分には無理かな…

ちょっと早いかな…と思っている話が来たり。

それはピンチでもあるけれど、チャンスでもあるってことです。

そこを感謝して周りの協力を得て乗り切れば

大きな飛躍があるんだと感じます。

 

感謝や幸せは待っているのではなく

自分から見つけに行くことで寄ってきますし、

その寄ってきた幸せや感謝に引き寄せられて、更に幸せや感謝したくなることが

引き寄せられるんです。

 

初めは実感や体感がないし、わかりにくいかもしれませんが

やってみてしばらく続けることで変化してきますよ。

感謝してピンチもチャンスに変えて

幸せを感じながら日々過ごしたいと思います。

 

感謝からヨガ哲学のサントーシャ(知足)を繋げて日常にも

使いやすいようにしてみました。

あなたに幸せが雨あられのようにふり注ぎますように。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

ヨガ哲学
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント