更年期や月経痛、婦人科系全般にいい!アロマの効果が盛りだくさん!

スポンサーリンク
アロマと女性 aroma

おはようございます。

大阪でヨガインストラクターをしているアルガのチカです。

 

今日はアロマが持つ効能を女性特有の悩みに特化して

お伝えしたいと思います。

 

婦人科系全般のお話になりますので気になる方は

少し目を通して頂ければ、PMSや更年期の時の症状の緩和にも

一役買ってくれる内容ですよ。

 

女性ホルモンとストレス

 

まずは女性ホルモンについて。

女性ホルモンには、2つのホルモンがあります。

 

・卵胞ホルモン(エストロゲン)

・黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

個人差はありますが、大体4週間に一度の周期で

卵巣周期と子宮内膜周期(月経周期)があり、

 

この周期変化は下垂体前葉から分泌される卵胞刺激ホルモンと

黄体化ホルモンに支配され、自律神経や精神的なものにも

強く影響されます。

 

ストレス

簡単に言いますと、脳からの指令でホルモン分泌されるんですが、

それがストレスなどでうまく指令が出ないと

バランスが崩れて月経が乱れたり不快な症状がきつくなったりするんですね。

本当にストレスって影響力大きいです。

デリケートな女性の婦人科系にストレスは大敵!

 

そこでアロマが力を発揮するんです。

ストレス緩和の力をもっているので使い方によって

とっても楽になりますよ。

 

アロマの使い方は後程詳しく書きますので、もう少し

婦人科系のお話をさせていただきます。

 

あっ不正出血の時はPMSではなく、病気の可能性もありますので

その時は早めに病院で受診してくださいね。

 

<PMSとは>

生理の1週間~10日前になると、むくみ、便秘、乳房の痛み、頭痛のような

症状が体に出たり、

イライラ、うつ状態、落ち込みのような心理的な症状を経験すること。

それもホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

 

更年期障害

 

40代後半にもなってくると、月経が自然にとおざかり

更年期を迎えます。

そのときにくる不快な症状が更年期障害と言われているんですね。

 

症状は様々ですが、

精神不安定、イライラ、のぼせ、発汗、めまい、肩こり、動悸などをいいます。

そして、個人差がかなりあり、気にならない人もいれば

生活に支障が生じるほどの方もいらっしゃいます。

 

原因は卵巣の衰えと、ホルモン分泌の減少だと言われています。

年と共に、身体も緩やかに機能が低下していきますが、

卵巣も又例外なく機能が低下していくんですね。

精油

なるべく急激な低下を避けたほうが

身体に負担がないので、その補助としてアロマ(精油)を使うんです。

ここでもアロマが強い味方となってくれますよ。

 

女性に優しいアロマの使い方

 

ではお待たせしました!

アロマの使い方に入っていきます。

 

下記の表は女性に有用なアロマセラピーです。

 

※アロマセラピーとは、こうしたアロマ(精油)の効能を使って

心身のトラブルを穏やかに緩和し、健康や美容に役立てていく、

自然療法のことです。

 

症状・状態 アロマ利用法 アロマ作用 アロマブレンド例
情緒不安定 芳香浴法・沐浴法・トリートメント法など、取り入れやすい方法でOK。 神経バランス調整 ゼラニウム+ラベンダー

ゼラニウム+スイートオレンジ

ホルモンバランス調整 芳香浴法・沐浴法・トリートメント法など、取り入れやすい方法でOK。 ホルモンバランス調整 クラリセージ+マジョラムスイート

クラリセージ+カモミール・ローマン

痛みの緩和 沐浴法・トリートメント法、ブレンドオイルの塗布など 鎮痛・筋肉弛緩 イランイラン+レモンユーカリ

カモミール・ローマン+ラベンダー

 

芳香浴→アロマポットなどで香りを楽しむ

沐浴→お風呂に入れて香りと皮膚からの効能を楽しむ

トリートメント→キャリアオイルと混ぜて身体をマッサージする。

塗布→布などに精油とキャリアオイルを混ぜたものを染み込ませ痛む個所に貼り付けること。

 

※トリートメントや塗布するときは必ずキャリアオイルと混ぜて使ってくださいね

精油は自然のものですが、凝縮した原液ですからきついんです。

 

・キャリアオイルとはキャリア(運ぶ)オイル(オイル)と言われていて

精油のオイルを体に運ぶという意味があります。

 

そのキャリアオイルには、

スイートアーモンドオイルや

ホホバオイルなどがあり、アロマ(精油)が売っているショップには

必ずと言っていいほど置いてますので

身体につけるなら、一緒に選んでくださいね。

 

マッサージ

ストレスをコントロールするためにもアロマ(精油)が

役に立ちますので、

お好みの香りを見つけて、つらい時期を少しでも心地よくなるようにして

頂ければいいなぁと思います。

 

上記に書いたアロマオイル以外にもいろいろとあります。

少しだけ書いておきますので参考にしてみてくださいね。

 

<神経バランス調整>

 

・イランイラン

・カモミール・ローマン

・カモミール・ジャーマン

・ベンゾイン

・ベルガモット

・ゼラニウム

・クラリセージ

・ラベンダー

・マジョラムスイート

・ローズ・オットー

 

など。神経バランス調整効果があるものは、わりと甘めの香りや

華やかな香りが多いので癒されます(≧▽≦)

 

<ホルモンバランス調整>

 

・ゼラニウム

・クラリセージ

・マジョラムスイート

・フェンネル・スイート

・サイプレス

・イランイラン

・ローズ・オットー

 

など。こちらも華やかな香りが多いので女子力上がりそうです♪

 

<鎮痛・筋肉弛緩>

 

・ペパーミント

・ローズマリー

・レモン・ユーカリ

・バジル・スイート

・プチグレン

 

など。こちらは爽やかですっきりした香りが多めですよ。

 

代表的なものを取り上げてみましたので、

もし、しんどいなぁと感じた時は

一度試してみてもいいかもしれません。

 

詳しい香りの感じなどは店頭ショップで確かめたり、下記のようなショップで

試してみるといいかと思います。

こちらのショップは色々と香りが試せますのでおススメです。

お安いですが、しっかりとしたものを提供してくれていますよ。

 

あなたの月経痛や婦人科系トラブルが少しでも楽になるよう、

良くなることを願っています。

 

今日もご覧いただきありがとうございます

良い一日をお過ごしくださいね♡

コメント