”ふくらはぎ”をもむだけで美容と健康に効果あり⁈

スポンサーリンク
健康

こんにちわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は、友人から借りた本をご紹介。

私がヨガとマッサージをしているので何かの役に立てば。と、

貸してくれたんです♪

 

周りの人間にとっても恵まれているなぁと感じれる日々に感謝ですね(≧▽≦)

 

ふくらはぎを知ると健康になる?

 

ふくらはぎを知る。というと大げさですが

大切な部位なのでどういった働きをしてくれているか

あらためて見ていきましょう♪

 

ふくらはぎは、すねの裏側のふっくらした部分。

腓腹筋、ヒラメ筋など、足や足指を動かすための筋肉が、

逆さのハートの形に集まっています。

この筋肉が活発に収縮し、

下半身に下りてくる血液をたゆまず上に押し上げて、

心臓に戻す上方向へのポンプとして働いています。

*本書から引用

 

このことから、

『第二の心臓』と呼ばれています。

 

ふくらはぎって人間だけしか持ってないそうです。

犬や猫は四つ足で歩いてるから必要ないみたい。

そういわれると、二足歩行で歩いている私達人間にだけついている

ふくらはぎがとても重要なのだと感じざるを得ない。

と大袈裟かもですが感じてしまいました。

人間の血液は重力のために約70%が下半身に集まります。

そして普段椅子に座って仕事をしている方も多いと思いますが、

30分も椅子に座っていると、ふくらはぎ上部の血流スピードが、

なんと座る前の半分になっているそうです!

 

そりゃむくむし、冷えますよね。

そして血流が悪くなると、不健康そうだということも

なんとなく感じませんか?

 

知ることで動かしたくなってきてませんか?

そうなんです。知ることって行動に繋がるんです(笑)

 

ふくらはぎをもんで健康にぐっと近づこう♪

 

ということで、ふくらはぎに愛を感じたところで

揉んでいきましょう♪

 

揉み方は簡単で詳しくは本書を読んで頂くといいかと思いますが、

ツボなど気にしなくても、さすったり、

いた気持ちよい強さで押していくのもいいですよ。

 

アキレス腱から膝裏に向けて下から上へと

流れに沿ってさすったり押したりしてくださいね。

 

本書では、一日1、2分からでも続けていれば変化はありますよ。と

言われています。

そして継続が苦手でも、気持ちいいから続いちゃいますよ。とも。

 

一番続けやすいのは、お風呂の湯船の中や、寝る前などが

続けやすいかな?と私は思いますが、

お好きな時間帯にルーティンとして取り込んでしまえば

歯磨きするくらいに、しないと気持ち悪くなると思います。

 

本当に、1分ほどするだけですごく身体がぽかぽかして、

気持ちよくて気分までほぐれちゃいます。

 

自覚のない冷え性は健康から遠ざかる!

 

自覚のない冷え性もあるらしいです。

平熱は36°あって手足も冷えてないから大丈夫。という方も

冷え性の可能性があると!

 

例えば、

 

・ほっぺたの赤い冷えのぼせタイプ

・足がむくみやすい

・ふくらはぎが手のひらより冷たい

・おへその下がひんやりしている

・下腹部に不快感がある

・のどや胃腸になにか詰まっているような気がする

・肩や首がひどくこる

・夜中や明け方に胸や胃のあたりが痛む。

 

こうした不調があったら、平熱に関係なく血液のめぐりが

悪くて内臓が冷えているのだそうですよ。

 

このやっかいな内側からの冷えに

ふくらはぎマッサージはとても大きな効果を発揮してくれるとのこと。

やらない手はないですよ!

何といっても無料です。

 

揉む以外にも日常で気を付けるといいこと

 

この本でおススメしている日常で気を付けることが

まさにヨガで大切にしていることだったので、

そちらもご紹介しておきたいと思います。

 

本書に、

『呼吸を深くして、姿勢を正すこと』

 

と書かれていますが、まさにヨガの基本です。

 

 

呼吸は、

『吐くときに、息を充分に吐ききる』とも書かれてますが、

これもヨガに通じています。

 

腹式呼吸でしっかり吐くことで、自律神経が整っていきますし、

吐ききることで免疫力もアップすると言われていますから、

今は特に必要なことだと思います。

 

姿勢は、

 

座るときも立っているときも、

意識して頂きたいのは、骨盤を立てる。です。

 

骨盤が後傾になっていると背中が丸くなり顎が出てしまいますし、

骨盤が前傾になると反り腰になり腰痛やお腹ポッコリにもなります。

中庸。バランスが大切。

少し姿勢を気にして生活するのは私もおすすめです。

 

歪んでいると身体の流れも悪くなりますし、色んな所で

滞ってしまいますから内臓機能低下や冷え性に繋がっていきます。

 

 

日々ふくらはぎをちょっと気にして動かしてみて!

 

自分の身体にちょっとだけ気を使って、

ふくらはぎを意識して使うことをしてみて欲しいと思います。

 

例えば、

 

・階段を使う

・つま先立ちする

・座っていても、足首を動かしてふくらはぎを使う

 

などできる範囲でいいのでふくらはぎを使うことを少し意識してみてください。

 

 

免疫力・代謝アップで健康と美容にも!

 

ふくらはぎをもんで内側から温めることで、

内臓が温まるので腸も温まります。

 

免疫の80%が腸の免疫力に依存しているので内側から温めるのは

本当に100利あって害なし。ですね♪

免疫力アップしたら、ウイルスもガンも遠ざかりますから

やるしかない(笑)

 

しかも体温が一度上がると、代謝が良くなり痩せやすくなるし、

いいことずくめですやん。

 

代謝をあげるには、筋肉も必要になるので運動は欠かせません。

ヨガはその点、呼吸を意識しながら動くので

とても理にかなっていると思いませんか?(≧▽≦)

 

本書にも筋肉を増やしなさい!と書かれてますし、

一押しです(笑)

 

そして、女性に嬉しいことも。

 

肌荒れも良くなるそうです!

血行を良くして体温を温めるのは、最高の美容液。

と書かれております!

 

私は肌荒れもしやすいですし、毎日続けていきたいと思います!

 

 

他にも

・ホルモンバランスが整う

・アレルギーをやっつける

 

など免疫力アップにともなうものが良くなったというお話が

書かれてますが、詳しく知りたい方は本書を読んでみてくださいね。

下記に本をご紹介しておきます。

 

ではでは今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしくださいね(*’▽’)

 

 

 

 

健康小話
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント