不安や寂しさから抜け出す方法~生きる意味とは~

スポンサーリンク
ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は誰にでもある不安、さみしさ、そして生きている意味を

考えたことがある方も結構いらっしゃるかと思いますので、

先日私が体感したことと繋げてお話していきたいと思います。

生きている意味

 

これはヨガのお話でもよく出てきますし、

最近ではいろんな方がこの考え方を採用しているように感じます。

それは、

『魂の成長のために人間に生まれた』ということ。

 

ヨガでは、人間に生まれてきた時点で幸せだといわれています。

それは人間だけが悩み苦しみながら成長出来、カルマも解消するチャンスが

与えられ、ヨガが出来る身体と心をもって生まれているから。

動物にはそれはありません。

色んな環境で生まれてくるし、幸せに見えないこともあるかもしれませんが、

それでも人間は神様(宇宙や大きなもの)のわけ御霊といわれ、

神様の子供だとも言われています。

神様がいるとしたら子供を辛い目に合わすのは、ライオンの子供と一緒で

子供が望む魂の成長をさせるために、あえてのことかもしれません。

 

信じなくてもいいですよ(笑)

ただ考え方として何か大きなものがあって

常に見守られている、神様(宇宙)から祝福されて生まれてきたんだと

思うということを採用するのもありだと思います。

 

日本人は昔から『おてんとさんがみてる』とか言いますし、

自然と太陽や宇宙、大きなものがあり見守られているということを

DNAのレベルで知っているんだと思います。

 

不安やさみしさから抜け出す方法

 

不安や寂しさがあるのは、当たり前のことだと思います。

私も一人暮らしを始めてから体調不調になるのは、

心の深い所に一人の不安や寂しさといったものがあるんだな。

ということに最近気づいたので。

 

一人暮らしで、自分の時間を邪魔されずに楽しんでいるのですが、

どこかで不安や寂しさを感じているんだ!

 

と気づいた時は、

妙に納得し、そこから自分を癒すように無理させないように

休むこと、癒すことを心がけるようになりました。

その癒す方法が、

*自分の中にある魂(潜在意識・本当の自分)と繋がりを感じること。

➡宇宙や神様を信じて自分の胸の中にその

わけ御霊があり、繋がっているんだと体感で感じることでもOK!

 

腑に落ちやすい方法で考えればいいかなと思います。

 

要は『繋がる』ことを感じるのがとても大切。

人間にとってこれほど心強いものはないんです。

 

しかも自分と繋がるほど強いものはありません。

一番理解してくれて自分の思うように

動いてくれる可能性が高いじゃないですか。

 

一番の味方にしたいのですが、

私も含め意外と自分に厳しくて敵になってしまっている方が多いと感じます。

 

例えば、~しちゃいけない。~するべきだ。

と自分に制限をかけてしまって苦しくさせたりするんですよ。

これをしていると、自分が~してはいけない。と気を付けてやってないことを

近くで平気でやっている人を見たときにめっちゃ腹が立つんですよね。

 

例えば、愚痴を言うことが悪いことだから言わないでおこうと決めていたとします。

(愚痴は言うべきではない)(いい言葉を使うべきだ)

それなのにわざわざ愚痴を言いに来る人がいたとするじゃないですか。

しかも毎日。

 

これが驚くほどイライラする(笑)こういう経験ないですか?

 

相手が愚痴を言ってるのが悪いのではなく、

自分の中に愚痴を言いたい気持ちがあるけれど、良くないことだから

言わないでおこうと決めている所に、

愚痴を言う人が近くに来てグチグチいってくるから腹が立つんですよね。

相手が悪いわけではないんです。

 

その人は愚痴を言うのが普通で、

コミュニケーションの一つだと思っているかもしれないから。

 

自分は愚痴を言うのは悪いエネルギーを出すし、言ってる人と関わると

自分も良くないエネルギーを浴びちゃう!と嫌になるのですが

それも相手の状況を思いやり許してあげて、

そのうえでなるべく関わらないようにする。

 

相手もそうですが自分も大切にしたいし、

悪いエネルギーには近づきたくないと感じているのなら

自分の心の声を優先させることも必要。

これが自分を大切にすることのひとつ。

 

許す

 

そこで、愚痴をいうことを許すんです。それも自分に。

感情を出さないように訓練することも大切ですが

抱えきれずにやんでしまうなら、誰も見てないところで感情を

出してみることを許してあげてください。

 

泣いたり、大きな声出してみたり、紙に書いてみたり。

完璧でなくてもいいんです。つい頑張りすぎる人は無理して

色々自分に厳しくしてしまうので気をつけたいところ。

自分の中にある汚い部分や悪い思いなど、陰陽や光と影のように

人間なら誰しもあるものです。

 

自分も相手も許すこと。

自分に優しく制限をかけないこと。

そうすることで闇にも光が当たり、全てが暖かい光に包まれて

許すことや理解することが出来るようになります。

 

難しいですが自分を認めてあげて魂の望むことを

していけば、おのずと癒されて許す範囲が大きくなるように思います。

 

自分が変われば相手も変る。というのは

きっと自分を許し相手に対しての攻撃的な気持ちがなくなるから

関係性が変化していくのだろうと感じます。

受け入れる。許す。

本当に難しい。近ければ近い関係ほどわがままが出ますし、

押し付けがちになる。

 

他人は変えれない。というのを常に思い、自分が変わること、

そして許し理解しあうことが出来る関係性が必要なのだと思うので

付き合う人間は選ばないと。ということに繋がるんですね。

 

そして付き合う人を選びつつ、互いに成長していければ

自分の理想の人が集まってきたり、今ままで苦手だった人も

悪い面が見えにくくなり、良好な関係性が持てるようになります。

 

気づいたら愚痴を言う人は周りからいなくなり

周波数の合う人と新たな出会いが出てくるのかもしれません。

愚痴を言わないのが当たり前の人たちに囲まれて

過ごせる日が来るかもしれないということ。

 

ですので、~するべき。とかではなく

魂のレベルで『やりたくないこと』や『こうなりたい』という

気持ちをもって、人に押し付けたり自分を制限するものではなく

信念として持っているのがいいと思います。

 

まだまだ修行中ですが、日々気づき成長していきたいと思っています。

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント