愚痴との付き合い方

スポンサーリンク
小話

こんにちわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は愚痴について。

ついつい誰かに聞いてもらいたくなるのが

愚痴っていうやつですよね。

 

会社とかで愚痴聞くのってあまり楽しくはないですよね。

でもそれって何故だろう?

この人のなら気にならないのに…ってこともあるしなぁ…

っていうその心を見ていきます。

知ることで嫌われるような愚痴が減るかもしれませんよ。

 

 

愚痴と悪口との違い

 

コトバンクより

仏教用語。愚かなこと。無知によって惑わされ,すべての事象に関して

その心理をみない心の状態をいう。

と書かれています。

 

心のことなんですね。

そして愚痴とは心のごみのようなもの。

身体でいうと老廃物。心の老廃物がいき場をなくしてたまったもの。

 

愚痴と悪口との違いは、

 

愚痴とは自分の中にあるもので、自分自身の悩みなどのこと。

悪口とは人のことを悪く言うことですね。

 

愚痴を聞くのはあまりうれしくないと思いますが、

その方との距離感にもよるので一概には言えないところが

ややこしいところ。

 

例えば、パートナーや親しい仲間などは、今何に困っているのか?

何に悩んでいるのか?をお互いに話し合い、心の声、本音を引き出しあって

語る分には、辛いことや悩みも話す必要があると思うんです。

そしてそういう人のお話は聞きたいですよね。

信頼の上に成り立つ愚痴はある意味弱みをみせることが出来る

唯一の心の寄り心であったりもします。

 

循環する

 

愚痴ですら、ヨガ目線の私からすると、

循環しているのなら問題はないと思うんです。

人間は弱い所があり、完璧ではないからです。

 

言われたことや、やるべきことがちゃんとできていれば

全員、聖人君主にすぐになれちゃう。

でも完璧でないのが人間のいい所であり、

その分悩んだり迷ったりすることで

心がまた成長し感謝も覚え、学ぶことを楽しむことも出来るようになりますから。

 

だからこそ、信頼・信用する仲間や家族と話し合うこと

心を開いて話せる仲間があることがとても重要なんだと感じます。

 

循環し、心を通わせることで信頼と信用が積み重なっていくのですから

そこに頼ることを覚えるのも、

人間として生まれてきた醍醐味ではないでしょうか。

 

そういう人が一人でもいてれば

無駄に色んな所で『聞いて聞いて!』と言って

愚痴をいろんなところでいう必要がなくなりますよね。

 

信用・信頼は仲間や家族以外でもいい

 

もしも、今はまだ環境的に信頼・信用する仲間や家族がいない。と

いう方は、心のメンテナンスをしてくれるプロに

お任せしてみるのもいいのかな?と思います。

 

身体は老廃物がたまってきたら、自分でストレッチもするけれど、

マッサージにいったり、温泉に行ったりと、ケアをするのが

当たり前になっていますが、

心のことは多くの方は案外ほったらかしではないでしょうか。

心のケアも普通にしていいんですよ。

 

例えば、エネルギーワークしてくださる方、ヒーラーと言われている人、

話を聞いてもらうなら占い師でもいいと思います。

ただし、依存しないで話を聞いてもらって心の老廃物を出し、

その上で自分で解決するというスタンスで関わることが大切ですが。

話を聞いてもらうことが心の老廃物を出す。ということになりますから。

仲間がいてても、たまにはプロに会いに行って、

どっと老廃物を出しに行くのもありだと思いますよ。

それがプロのお役目ですから、遠慮せず本音をぶつけてください。

何らかのヒントや答えが見つかると思いますよ。

 

まとめ

 

ということで、今日は愚痴との付き合い方をお伝えしました。

無駄に色んな所で愚痴口言って嫌われないように、

信頼できる仲間や家族に循環させながら話したり、

 

言いたいときに誰のいなかったら、ヒーラーなどのプロに

頼ってみるのもありだと思います。

 

人間一人では生きれないので、どうせなら好きな人や大切な人と

愚痴ですら共有し循環しあってともに成長し感謝しながら

前に進めたら最高の人生じゃないですか?

 

愚痴も信頼の上に成り立つ。

 

全ては循環。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

あなたにもいい循環が今日も起こりますように💛

コメント