夏至の過ごし方~24節気から~

スポンサーリンク
健康

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日はもうすぐ訪れる夏至の過ごし方について

24節気からお伝えしていきたいなと思います。

心と体を美しく整えていきましょう♪

夏至

 

夏至は新暦で6月21日から7月6日頃を言います。

 

夏至は北半球では一年で昼がもっとも長く、夜が最も短くなります。

日本では梅雨が始まっている頃なので実感は少ないかもですが。

 

半夏生(カラスビシャク)が生え始め、夏至から11日目を半夏生(ハンゲショウ)といい、

この日までに田植えを終えるべきとされているそうです。

6月に夏の祓い、12月に年越しの祓いがあり、

神社で茅草で作った茅の輪くぐりを行います。あやめが花咲くころ。

 

6月も大掃除には良い時期なんですね。

私も今月大掃除して山盛り荷物を捨てたところです。

すごくスッキリしますよ。

 

心がけること

 

四季をバイオリズムで描くと、最も頂点の陽気盛んな頃。

月でいうなら満月。

全てが満ちてこれからデトックスしていく時期なんです。

 

身体でいうと骨盤が最も緩む時期なので

骨盤調整が効果的な時期。

 

ヨガポーズでいうと、骨盤調整効果があるものが多いのですが

がっせきのポーズや

がっせきはこんな感じ

ヴィラパドラ2のポーズはこちら

牛面のポーズ(ゴームカーサナ)はこちらから

 

などたくさんのポーズがあります。

ポーズ載せてますのでご興味ありましたらご覧くださいね。

 

そして、頂点に達してこれから次の流れを迎える、

そんなときには神仏に素直な気持ちで感謝を伝えましょう。

今生かされれていることに感謝します。

 

夏の大掃除でデトックスし、邪気を払い、部屋の断捨離をし

いらないものを捨てて新しいものを迎え入れます。

 

気の充実がキーになりますので

旅行に行ったり、コンサートへ行ったりお祭りに参加したりして

自分なりの気の高揚方法を見つけて気を動かしてください。

気が滞ると血の流れも滞るので気を付けてくださいね。

呼吸法もとても良いです。

 

呼吸法

・口で吸って鼻で吐く…情熱

・鼻と鼻…愛

・鼻と口…浄化

・口と口…自由

が得れると言われています。

 

その日の気分や自分にしっくりくる方法で試してみてくださいね。

 

体調管理

 

この時期は不眠、多夢、精神病になりやすいそうで

瀉(シャ)が重要。

嫌なことも忘れて捨て去るのがポイント。

 

高血圧や心筋梗塞などの血管系の循環器病にもなりやすいので

血液の栄養と血管壁を丈夫にするような食生活が必須。

 

まずは栄養を取ってから、その流れをよくする運動がとても大切です。

 

とるべき食

 

あずき

あずきは平性なので暑がりでも寒がりでも誰でも常食出来ます。

五行が心火に属すので心穏やかにストレスが改善できます。

特に夏食べると心臓にも良いんだそう。

 

尿の出し方や腫物を治し、むくみや下痢にもいいとのこと。

目や痔の充血にもいいんだそうですよ。しかもダイエットにも。

たくさん効果がありますね。

 

夏の水分補給にはお茶もオススメ。

理由は、

プーアール茶はミネラル

ウーロン茶は脂肪分解

日本茶はカテキン、抗酸化作用、ビタミンC

があるから。

 

羊肉

 

マトンやラムと呼ばれ、五行は心火・脾土に属します。

甘味、熱性で補気血の作用がある。

夏の滋養に羊肉は効率の良い食材。

 

強壮、養血、栄養、興奮、元気をつけます。

頻尿や貧血も改善。

 

まとめ

 

この夏至の時期は、心身ともにデトックス・断捨離に

もっとも最適な時期なようです。

 

もし掃除やいらないものを捨てれてない方は

この時期に思い切って捨てて、

いらない感情もいったん忘れて心身ともに身軽になり

 

神社などで新しい風をいただいて

部屋も体も心も風通しの良い状態で夏を迎えるのがいいということでした。

 

新しい風が吹くのを楽しみにして

いらないものは思い切って捨てましょうね。

 

私は結構思い切りました(笑)

 

ではでは今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしくださいね。

コメント