頑張らないヨガ

スポンサーリンク
マイペース ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は、ずっと思っていたことを

形にして教えてくれる先生に出会いましたので

早速シェアしたいなと思います。

 

頑張らないヨガ。

考え方は哲学を持ち、身体をとても大切にする

本来の形ではないのかな?

と思えるヨガですよ。

頑張らないヨガって?

 

あなたはヨガにどんなイメージや

期待、効果を求めていますか?

 

運動不足解消?

ダイエット?

それとも健康維持?

ポーズ

それぞれに期待しているものがあると思いますが

案外多くの人は、

程よく動いて程よい疲れで体の流れを良くして(コリをほぐす)

気持ちも元気になるため。(気の流れもよくする)

が多いのかなぁとか思っています。

 

その場の空気を感じて、ヨガの雰囲気で心地よく体を動かして

夜であれば一日の疲れをとるような、そんな感じ。

朝なら今日一日を元気よく過ごすために、リズムをつけるために早起きして

レッスンに向かう。

 

私が思うに結構お疲れな人が多いのと、

身体が固い方もいらっしゃるので、

もっとのんびりマイペースヨガもあっていいんじゃないのかな?と

ゆっくりで心地よく出来るクラスもありなんじゃ。

 

じゃないと、疲れた仕事終わりに行く気力が出てこなかったり、

身体が弱い方や、体力のない方は

クラスに参加したくてもできなくなっちゃいます。

 

本格的だけど、頑張りすぎないクラス。

でも頑張りたいときは頑張れる。

中心

そんな自分のペースでいつも参加出来たらいいなぁと。

 

もちろんそういってくれるクラスもありますし、

ほとんどの先生はそういってると思うんですが

実際はクラスの雰囲気が気合入っていたり(笑)

 

出来ない人がいて休憩したり、できる範囲でいいですよ。

と、声をかけてくれるものの

ポーズがどんどん進んで待ってくれなくて

落ちこぼれ感半端ない!と感じて

次から行きたくなくなったり。

 

皆が出来ていると、つい無理してポーズを

取ってしまったり。

 

アルアルじゃないですか?

 

それが何とかならないものかと思っていた時に

以前のインストラクターコースの学校から紹介いただき

出会った先生が、めちゃくちゃどんぴしゃな

先生だったんです。

 

マイペースでいいんです

 

その先生は、もともと身体が固かったそうです。

そして、身体も弱いので無理なことはしない主義。

 

その先生も、自分の師匠に出会ってから頑張らないヨガ

(これ私が勝手につけた名前です)

を知り、目から鱗だったとのこと。

 

その教えは、

『本当の意味でマイペースであること』

本当の意味でマイペースとは、

今日、今の自分の体調や気分に忠実になること。

人と比べないこと。

自分に従うことがとても大切だとおっしゃいます。

 

でも、日本人って周りと合わすように教育されているからか

人と違うと、気になったり、

出来なかったり、しんどいときもこのポーズやめよう~とか

あまりしないじゃないですか。

 

私もしかりですよ。

 

これは、ヨガ哲学にもある考え方で、

私も、この哲学の内容を知っていて、

クラスも色んな所に通って知っていて。

時々違和感を持っていたけれど、

 

視野が狭く、思い込みがあったせいで

自分では気づけなかったんです。

深く理解すること。実践すること。

それがとても大切だなと気づけたので

先生の個人レッスンはとても価値がありました。

 

その理解を感じてくれたのか、

たまたま人がいなかったものあり、(これですね)

個人レッスンからわずか二日後に突然の先生の代行を

することに(笑)しかもその日じゃなくて次の日の夜ですよ。

明日ですやん!

 

本当に、むちゃぶり~!とか思いつつ

自信をもって、

自分のやるべきことはマイペースで受けてもらうことと

先生から教えてもらった軽減法を実践することだわ。

 

と思ったので、個人レッスンのときにつけていたノートを

見ながら、(自信たっぷりにカンニングしますと名言)←これが今私にできる

最善の方法だと思ったから。

 

常識や人の目を気にせずこれこそマイペースで。

自分なりに組み立ててレッスンを開始しましたよ。

 

先生に教えて頂いたポーズが少なくて

結局急遽いつものポーズも入れて、

説明もし必ず軽減法もしながら常に無理ないように、

心地よい所で。という言葉だけは

声かけ忘れずにお伝えしました。

 

普段から先生のクラスで自由にしているからか、

マイペースに受けてくださってよかったなぁとほっと一息。

 

まだまだ目から鱗のヨガは続きますが、

これからのプライベートレッスンやクラスレッスンにも

生かされるなぁと今回の代行を声かけてもらえて

良かったと思いました。

 

リラックスする

 

先生曰く、

みんな生きてるだけで疲れてるんだから…と

かなり気持ちこもってました。

常にリラックスすることと、緩めることを意識してポーズを

されているよう。

仏

リラックスするって本当に難しいんですよ。

正しく立つことや座ることも難しいですが、それよりも

リラックスするって本当に難しい。

 

緊張して体を固くするのは出来るけれど

リラックスして体の筋肉や骨、重力すらすべてを

床に預けて、身体の力を抜いて

脱力することはなかなか出来ないです。

 

どこかに力がはいっちゃってると思うんですよね。

 

その究極のリラックスをするために

ポーズがあるとも言われています。

 

心地よく動かして流れを良くしたところで

シャバーサナ(屍のポーズ)でお休みするときに

身体の力が抜けやすいんです。

 

なので最後のシャバーサナは必須なんです。

 

まとめ

 

今日は、頑張らないヨガ。をご紹介しました。

自分の今の体と心を観察して

自分の本心に従って動く。休む。

人と比べないこと。

 

どんな時もこの心得は使えると思いますので、

無理ないように過ごすようにしてくださいね。

 

先生の名言

皆生きてるだけで疲れてる。

 

私にはこの言葉が一番印象的でした。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

コメント