エネルギーと浄化

スポンサーリンク
小話

こんばんは。

大阪でヨガ&アロママッサージをしているちかです。

 

今日は見えないけれど、とても大切なエネルギーとその浄化方法についてです。

エネルギーを満タンにするには器である身体を綺麗にしておかないと、

いいエネルギーがたまりませんし、

悪いものを出しておかないと入るスペースもありません。

 

例えるなら、コップに泥水を入れて、その上から水を足しているような感じ。

泥をとって洗浄しないと、なかなか綺麗なお水にはなりませんよね。

それと同じ感覚です。

エネルギーとは

 

エネルギーって目に見えないから、わかりづらいところではありますが、

日本でいうなら『気』がわかりやすいかな?と。

気持ち、勇気、元気、根気、本気、陽気、陰気、邪気、活気…

などたくさんの言葉があります。

 

私達は知らず知らずのうちに『気』を感じて過ごしているんです。

無意識にでも、場所や人によっては疲れたり、

元気になったりと同じことをしていても違うことってありませんか?

 

波長が合うとかもいいますよね。

エネルギーの波が合うとかがあるんです。

ちょっと古いけど、ラジオのチャンネルを合わすようなそんな感じ。

電波の波長が合わないとラジオからは雑音しか聞こえなかったり。

 

そのエネルギーを蓄えいい循環をするためには、

まずは浄化しないと、良いものが入りませんので、

浄化をオススメしているんです。

 

浄化する必要性

 

たくさんの情報の波や周りの集合無意識という見えないものの影響や

自分の中にたまる濁った思考などを常に浄化する必要があるんです。

 

自然に触れて浄化も良いですが、

普通に都心でPCだらけの中で過ごしている人にとっては

難しいことなので、誰でもうちにいて出来ることお伝えしますね。

 

鼻うがい

 

これはヨガでもあるのですが、他にも結構オススメしている方も

いらっしゃいます。

有名なスポーツ選手も割とされていると聞きましたし、

私もヨギーニのはしくれですから、

ヨガに関することでいいと言われることはとりあえず試してみたいので

続けています。

 

作り方はいたって簡単。人肌のお湯二リットルに大匙一杯の天然塩を

いれて、鼻から吸って口から出すだけです。

片鼻1リットルづつで二リットル、朝晩します。

 

初めは通りにくかったりしますが、

続けていくうちにやらないと気持ち悪くなってきますし、

スッキリしますよ。

お風呂に入らずに寝ちゃうくらいの感じ。

 

手を洗う

 

これは普通にやっていると思いますが、

特に人に触れたりするような、例えばマッサージやお医者さんなどは

一人終わったら一度手を洗うようにするといいですよ。

 

洗うことが出来なければ、換気を良くしたうえで

手を肘から手の先までを左右交互にさすり払ってください。

自分がスッキリするまででいいです。

思うよりもスッキリするので一度試してみてください。

お風呂に入る

 

これも日本人は結構当たり前に入っていると思いますが

湯船につかって、しっかりとデトックス。

 

浄化のお塩を入れ、たまには少し日本酒も入れて邪気を払います。

お塩も日本酒も天然の質の良いものを選んで下さいね。

日本酒は純米酒以上のものを選ぶと間違いないです。

 

下記のお塩が安くて存分に使えます(笑)

 

身体の中から悪いエネルギーが出ていくイメージでお湯に流れていくような。

そのお湯は次に誰も入らないようにしてくださいね(^^)

 

まとめ

 

今回はエネルギーと浄化についてお伝えしました。

やることは簡単だけど、続けるのって簡単じゃなかったりします。

 

でもやると決めて続けていれば、身体から変わり始め、思考や感情も

変わっていき、最後には日常が変わっていきます。

続けることで、自分を信じることができ、どんどん良い方向に進んでいきますよ。

 

身体にいいこと、良かったら試してみてくださいね。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

コメント