簡単に幸せになる方法をヨガの視点からも|噂話をしない人の特徴

スポンサーリンク
幸せっていいな ヨガ哲学

こんばんわ。

大阪でヨガインストラクターをしているちかです。

 

今日は噂話、愚痴、悪口を言わない人が

何故幸せに繋がるか。

その理由をヨガ哲学の視点からも交えてお伝えしたいと思います。

 

幸せな人がしている簡単に幸せになるポイントも

お伝えしていきますよ。

ではさっそくまいりましょう。

 

自分の時間を大切にしている

 

幸せな人は自分の時間を大切にしています。

 

やりたいことや、やるべきことが明確で

それに前向きに突き進んでいるときに、噂話をしている時間はありませんよね。

 

噂話とは、他人の嘘か本当かわからない話を自分の時間を使って話しているから。

 

そう思うともったいない気がしてきませんか?

時間は有限です。

噂をしていても悪口言ってても学びに時間をかけていても

その時間は皆平等に流れていってるんですもの。

 

その話がネガティブな話や悪口なら

その場の負のエネルギーを自分も受けてしまってるということです。

もらいたくないというのが本音じゃないでしょうか。

 

噂話

ゴシップに気をとられて

周りに飲み込まれているうちに、

人の目や周りを気にして人生が終わってしまうなんて…

もったいないですよね。

 

 

そのやるべきことは難しく考えなくても

好きな趣味とかでいいんですよ。

 

例えば、歌を歌って皆に聞いてもらいたい。うまくなりたい!

とかなら、

サークルに参加したり、

スナックの常連になって

たくさんの人に自分の歌を披露したり。

 

休みの日は練習して、仲間が出来たら一緒にカラオケいったり。

 

楽しいことに時間を使っていたら

人の噂話をする時間なんてありません。

自分の話が中心になりすぎるかもしれないので

バランスは大切に…ですが。

楽しい

 

そして、ヨガ哲学では八支則という教えがあり、

その中のヤマ(禁戒)→しないほうがいい5つの心得

というのがあるのですが

今回のお話はそこに繋がります。

 

そのヤマ(禁戒)の5つを書いた記事がありますので

詳しくはこちらを見ていただければと思います。

八支則のヤマのお話

 

噂の当事者が聞いていい話でないなら

アヒンサー(非暴力)に反するのでしないほうがいいということに。

 

そして噂話は独り歩きしたり誇張されてしまったりして、

本当のことから遠ざかっていることもしばしば。

これもサティア(正直)に反するのでよくありませんよ。

と教えてくれるんです。

 

ヨガ哲学って思うよりも普通に道徳を教えてくれるような

日常に使える考え方なんです。

聞くと、あぁそうだよね~という内容だと思いませんか?

 

ヨガ哲学は仏教にもつながっているので

日本人には実は馴染み深い教えが多いんです。

 

成長にコミットしている

 

最初のお話に繋がってくるのですが

噂話をしていても何にも成長しないですよね。

 

今いない相手のことを話し合っても解決には至らないですから。

それなら、自分ができることを学び成長していくほうが

最終的に、幸せをつかめるということを

実は心のどこかで誰もが気づいているんだと思います。

 

先ほどのカラオケのように、

自分が出来る楽しいことに真剣になる。

嬉しい

それが実はどれほど楽しくて充実しているかを皆知っています。

その中にしんどいことやめんどくさいことが

含まれていることも。

 

それが大人になると、

めんどくさいことやしんどいことを避けてしまいがちなんですよね。

私も思ったことが何度もあるので

よ~くわかります。

 

でも、そこを乗りこえて好きなことに熱中したときに

とてつもなく充実して心が潤う瞬間がくるんですよ!

 

子供の時に

新しい遊びにチャレンジしたときのあのワクワクと

緊張感とドキドキとか不安が入り交じる感覚。

 

そして、実際にその遊びを実行したときの

やったった感や成長した充実感など半端ない気持ちよさを

感じていたんじゃないでしょうか?

ふり幅

自転車を始めて乗れた時のような、よっしゃ~!というあの感じ。

ブランコに乗れてそこから飛びおりれたときの満足感。

鉄棒で初めて逆上がり出来るようになったときの達成感…

 

 

ほんの少しで良いので、

できることからやっていくと

また新たな世界がみえてきますよ。

 

 

ヨガ哲学でいうと

ニヤマ(勧戒)→やったほうがいい5つの心得に繋がります。

学び成長すること。

タパス(苦行)やスヴァディアーヤ(学習・向上心)がそれにあたります。

 

※タパス…精神鍛錬のために困難なことを実行すること。

しかし、ただ単に自分を痛めつけるのはアヒンサー(非暴力)に反するので

成長するためにチャレンジするという感覚。

 

例えば、

自分の人生のステップアップになる勉強をし資格試験を受ける。

ちょっと引き受けるには自信が足りないことでも話がくればチャレンジしてみる。

波に乗る。失敗を恐れない。

とかそんな感じです。

 

スヴァディアーヤ(学習・向上心)

心が整うような本や本質的なことが書かれた本を読む。

今なら音声やメルマガなどでも本質が書かれているならどんな形でもOK。

得た知識を日常に生かすこと。

 

こちらの例えは、

尊敬する人や何かのきっかけでおススメされた本を読んでみる。

直感でいいと感じた本を本屋などで探しては読んでみる。

よさそうだと感じたセミナーに行ってみる。

今、会いたいと思う人にダメもとで連絡してみる。

 

こうすることでチャンスが増えてきます。

いつでも準備していれば必ず何度でもチャンスはやってきます。

幸せ

人生に遅いなんてことはないんですよ。

いくつになってもチャンスは準備してれば来ます。

中年になった私が言うのですから本当です(笑)

 

種をまいて収穫するのがうまい|幸せになる簡単な方法

 

そして変わりたい!

と思えた時、今まさにこの時が変化のチャンスです。

幸せの種をまき、幸せを収穫していきましょう。

 

収穫していくとは=幸せになる方法なんですが

わかりやすい言葉で例えると、

 

ありがとうという言葉を口に出して伝えること。

 

ありがとうという言葉にはとても力があり、

言われた方は自分でありがとうを10000回いっただけのパワーをもらえるんです

すごくないですか?

どうせならいいエネルギーを渡して、

いいものを循環させたいですよね。

WINWINの関係とは

こういうことをいうんじゃないのかな?と思います。

 

こういうことが

収穫していく。ということに繋がるんです。

しかも、お互いぐんぐん幸せになっていく。

 

最高じゃないですか(^o^)

 

私はお互いが幸せになる方を選びたいなと思ったので

この話を聞いてからは

ありがとうや感謝の気持ちは言葉にして素直に伝えるようにしています。

 

ありがとうに国境はない。

それくらい世界共通のいい言葉ですよね。

 

まとめ

 

ということで、悪い言葉はなるべく避けて

いい言葉を話すことで幸せが勝手によってくるというお話をしました。

 

引き寄せと言いますが、

実際は幸せな人って幸せが来るように日常のちょっとした積み重ねを

しているんだと思います。

本人がきづいてるかどうかは別として。

 

継続は力なり。

続けていきたいと思います。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

ヨガ哲学
スポンサーリンク
hapiyogachをフォローする
アルガのヨガと笑顔で体と心に栄養を

コメント