ダンダーサナ(杖のポーズ)で真実を知り新たな世界に飛び込むとき

スポンサーリンク
新たな世界に飛び込む ヨガポーズ

こんばんわ。

大阪で出張ヨガをしているアルガのちかです。

 

今日はダンダーサナ(杖のポーズ)で真実を知り新たな世界に飛び込む勇気を持てる

お話をしたいと思います。

効果効能もお伝えしていきますよ♪

 

まずはポーズから。

ダンダーサナ(杖のポーズ)

長座

ダンダーサナのポーズです。シンプルです(≧▽≦)

 

ポーズの取り方の説明は特にないくらいシンプルなんですが(笑)

 

・足を伸ばしお尻をしっかりと床につけ骨盤から背筋を伸ばします。軽く顎も引きます。

この時に膝も伸ばしたほうが良いのですが、

どこかに痛みや違和感あるときは曲げてください。無理は禁物です(*’▽’)

 

これだけです♪

 

<効果>

 

・姿勢を整える

・体幹を強化

・骨盤を整える

・気持ちを安定させる

posted with カエレバ

ポーズってシンプルなほど難しかったりするので

完璧に出来なくてもいいんです。

 

今の自分が出来る、しかも心地よい(いた気持ちいい)が正解なんです。

誰かと比べるでもなく、ただ自分の体に聞いて心地よい所を見つけます。

甘やかすでもなく、スパルタになるでもなく。

 

ちょうどいい所を知っているのは自分だけなのですから。

 

そうやって自分と向き合ったり、

大切にしながらも少しづつポーズを深めていくのが心地よさを継続できる秘訣かもしれないですね。

 

実はこのポーズ「賢者の杖のポーズ」と言われていて

賢者はシンボルとして杖を持っているそうです。

諸説あるようですが、そこからこの賢者の杖のポーズと言われるようになったんですね。

賢者が知る真実を知り新たな世界に飛び込む

 

賢者とは、「自分自身の事実を知るもの」と言われています。

自分の世界をどれだけ深く知っているかが賢者と言われているんですね。

 

私のヨガ哲学の先生もおっしゃってましたが

自分を深く理解していくほどに、真実を知るほどに

心が自由になっていくと。

 

囚われがなくなってきたり、自分の感情と距離を置けるようになったりすることで

どんな環境でも心穏やかに過ごせるようになるそうです。

 

ただ、エネルギーを奪われたり影響を受けたりはするので

そういった方とはプライベートでは距離をおくとも言ってました。

自然と距離感が出るのかもしれませんね。

 

 

たまたまマンツーマンのチャンスを何度か頂き哲学を深く知っていくうちに

日常に使えるなぁと思い始めたんです。

 

いつかお話したかもですが、

怒りは15秒で収まるんです。でもそこに感情がくっついてくると

kokoro
kokoro1

あの人何で話聞いてくれないんだろう?

kokoro
kokoro1

ばかにしてるの?

kokoro
kokoro1

許せない!キーッ!

 

となっていき

感情むき出しの心は暴走してしまいます。

 

その本能である怒りという現象に、感情を鎖のようにくっつけてしまうと

怒りが続いているように感じるんですね。

実際は15秒で終わっていることなのに。

 

そうして、感情と自分との間に距離を置くことが大切なんだとおっしゃってましたが

私もそれを試していますがいい方法だなと感じています。

 

もちろん完璧には出来ませんが、少しづつ繰り返していくうちに

意識が継続するようになり、いざ腹が立った時にも

少し意識して感情と距離を置くことが出来るようになっていています。

 

どんな聖者や賢者と呼ばれるひとも感情がなくなることはないのですが

このコントロールがとても上手で、

怒りが相手にわからなかったりすぐにおさまったりと

続かないように意識しているだけなんですね。

 

簡単に言いましたが、そうそう出来るものではないんですよね(;^ω^)

 

試しに今日一日は気分よく笑顔で過ごそう!と決めて過ごしてみてください。

案外心のどこかにイラっとしたり、腹が立ったり、納得いかなかったり

思うように事が進まなかったりすると思うんです。

 

その感情とどれだけ距離を置いて他人事として見れるかで

気分よく過ごせる時間が変わってくると思いますよ。

他人軸に振り回されないようになってくると、自分のエネルギーはパワーアップ

していきます。

 

そうすると新しいことにチャレンジ出来るエネルギーや気持ちがわいてきますので

この杖のポーズとともに心にも軸を作っていきたいですよね。

 

今日は賢者のポーズと賢者の心の在り方をお伝えしました。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしくださいね♡

 

コメント